安楽死について(2)

 Kさんは大変知的で、誇り高い印象の女性でした。もうおぼつかなくなった口で言った、「どういう死を迎えるかは、どう生きるかと同じです」の言葉が胸に響きました。Kさんが安楽死を選んだきっかけは、紹介されて同病の患者たちがケアを受けている施設を訪問したときだったようです。人工呼吸器をつけて・・・・。その実態を見て、二人のお姉さんに「天井を見ているだけの人生にどんな意味があるのか。おむつを替えてもらって、胃ろうをしてもらって・・・。お姉ちゃんたちも共倒れになることが目に見えている ・・・。」自分の尊厳を守るための選択だったのですね。

 スイスに着くと、受け入れ団体はKさんの意思と状態を2重にチェックしました。「あと2日考えてください。今なら帰国できます」と言うのです。Kさんの意思が変わることはありませんでした。お姉さんたちは心がぐらつきながらも「ここで帰国させられたらまた以前のように自殺未遂を繰り返すだけだ」と、最終的にKさんの考えに同意しました。

2日後、いよいよ安楽死が実行されました。あくまでも自分の意思でそれが行えるシステムになっているのです。そして自分で安楽死薬の入った点滴のスイッチをの入れました(映された薬の英語名(Pento・・・)を読んで胸を突かれました。「ああそう行くか!」と思ったのです)。最後に、二人のお姉さんに「ありがとう。ありがとう。幸せだった」と言って亡くなりました。安楽死が認められていない日本には遺骨さえ持ち帰ることが許されていませんので、遺灰としてスイスの川に流しました。

 一方、「生きる!」ことを選んだSさんは、人工呼吸器と胃ろうへの道を選びました。一人娘の「形が有ると無いとでは私にとって大きな違いだ」の言葉もあったからでしょう。

 最初にお話したように、この選択はすべてご本人と家族が決めることであって、他人が是非を口にすることはできませんね。ただ、筆者は結婚してすぐ、「将来ボケたら殺してくれ」と家内に頼みました(後で、「いくらボケ老人でも殺せば罪になる」と撤回しましたが)。

 さて、結論です。最初にお話した、霊的に見たこの問題です。Kさんは満点ですね。最後まで自分で決め、実行し、「幸せだった」と姉たちに言いましたから。数か月後、お姉さんたちは、故人が好きだった「母のおにぎり」を持って遺影と共にお花見をしました。「最後に幸せだったと言ってくれたことが、私たちがこれから生きていくことの支えです」とお姉さんの言葉が印象的でした。ただ、最後まで安楽死に反対した一番下の妹さんは、花見には来ていませんでした。

追記:この番組を見て強い感動を覚えたのは筆者ばかりではないと思います。決して長尾医師が言うような「視聴率さえ取れたらいいのだろう。テレビとはそんなものだ」ではなかったと思います。長尾医師はこの問題の専門家のようで、「国会や日本弁護士会や宗教団体から招かれて講演し、ボカボカに叩かれた」とか。その恨みから否定的な発言をしたのでしょう。長尾医師が、「人工呼吸器を付けても食事をして、酒を飲み、旅行して笑っている人もいる」とのケースもあることは事実でしょう。しかし、そうではない場合が大部分だと思います。筆者の母は、「治る見込みはないので病院から出て行ってほしい」と言われました。帰宅すれば直ちに家族の誰かが胃に管を通して栄養を補給しなければなりません。それがどんなに神経をすり減らす作業か。人の世話になることをとても嫌った母でしたから、退院(!)する前に亡くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です