カテゴリー別アーカイブ: 未分類

養老孟司さんと禅

禅の世界的関心(2)養老孟司さんと禅

前回も触れましたように、この番組(NHK「金とく 禅:心安らぐ神秘の世界2017/12/15)」には脳科学者の養老孟司さんもゲストとして招かれていました。しかし、養老さんのコメントについては、ブログでは意図的に割愛しました。その理由を今回お話します。

 番組の冒頭、アナウンサーが養老さんに「禅に関心をお持ちですか」と聞くと「禅寺の敷地内に自宅はあります」と答え、さらに「坐禅・瞑想に興味をお持ちですか」との問いに対し、「忙しくてやりません」と(「昆虫の標本づくりに忙しくて」という意味だとか)。そして「坐禅・瞑想は、昆虫の標本づくりと同じだと思います」と付け加えました。
 また、前回もお話したように、この番組の結論は「禅は不寛容社会を変えられるか」でしたが、アナウンサーが「養老さんはそれについてどうお考えですか」と質問すると、「これからですね。やってみなければわからない」と答えました。さらに「今の世界は禅的であるべきだとお考えですか」と聞くと、「禅の時代であってもいい」との答えでした。さらに、パックンが「Zenという言葉は、今では英語やフランス語では、と言う意味と「穏やか」と言う意味の両方で使われています」と言ったところ、養老さんは「ポルトガルではZenというレストランがあります。自然志向をうたっているのでしょう」と口を挟みました。
 ことほどさように、養老さんの発言は終始この番組の主旨にそぐわないものだったと思います。養老さんのかねてからの持論は「体を健康にすれば脳も健康になる」だと思います。つまり、この番組に関して言いますと、「脳を健康にするために禅などは必要としない。脳は体の一部に過ぎない」と言うのです。「体を健康にすれば脳も健康になる」は、筆者も以前聞いたことがあります。

 それにしても養老さんはずいぶん失礼な人だと思いました。NHKがゲストとして招いたのは失敗だったと思います。養老さんが禅に関して、そして脳の健康についてどんな考えを持とうと自由です。しかし、当然、最初にNHKから番組の趣旨を聞いているはずです。ゲストとしての出席を打診された時、「私は禅のことはよくわかりませんので出席できません」と断わるべきでした。ゲストの役割は、番組の趣旨を十分に理解して、内容を補強したり、場合によっては疑問を呈することでしょう。しかし、「私の自宅は禅寺の敷地内にある」とか、「ポルトガルではZenというレストランがあります」などのトンチンカンな受け答えをするのはいかがなものでしょう。番組を通じて養老さんのコメントは終始ズレていたのが印象的でした。

 ちなみに、養老さんが「坐禅・瞑想は、昆虫標本作りに熱中することと同じだ。だからわざわざ座禅会に出席する必要なない」と言ったのは明らかに誤りだと思います。たしかに、昆虫標本作りのさいには、意識をその作業に集中することが必要でしょう。坐禅・瞑想と一見、似ていると考える人もいるかもしれません。しかし、昆虫の標本づくりのさいには、「いかに正しく、美しい標本にするか」に懸命に頭を働かせているはずです。一方、道元の言う「只管打座」とは、「何も考えない」で座ることなのです。禅の有名な言葉に「正法眼蔵・普勧坐禅儀」でも紹介された「不思量」があります。

禅の第六祖 薬山惟儼(いげん)の言葉を引用したもので(以下筆者簡約)、
僧 :坐禅のさいなにを考えるのですか。
薬山:思量しないところを思量するのだ(不思量)。
僧 :思量しないところをどのように思量するのですか
薬山:思量にあらず(非思量〉。

(この公案については、すでにこのブログシリーズでお話しました。)

禅は世界で注目(1)

禅の世界的関心(1)

 禅が世界各国で関心を集めることは知っていました。しかし、先日のNHK「金とく 禅・心安らぐ神秘の世界(2017/12/15)」で、禅道場が世界500か所にも増大していることを聞いたのは驚きでした。永平寺などには毎年各国からたくさんの人たちが参禅体験に集まり、専門の禅僧になる人も多いと言う。パリには禅グッズ専門店もあり、あるしゃれたビルの地下には一回当たり700円で坐禅ができる施設もあり、「もう4年も毎週2-3回来ている」と言う修行者が紹介されていました。イタリアのミラノ市の近くには、永平寺で修行して認可を受けた外国人禅僧が主宰する寺もあるという。

 番組では、ゲストに永平寺国際部部長として15年間も活動している横山泰賢師と、脳科学者の養老孟司さんや、お笑い芸人のパックン(ハーバード大・比較宗教学専攻。永平寺で20回参禅経験あり)などが参加して.、いろいろな方面から話が進められました。

 筆者は、外国人たちが禅のどんなところに惹かれているのかに大きな関心を持ってこの番組を見ました。

 1)2017年には、ヨーロッパに禅を伝えて50年に当たり、その記念式典がフランスで開催されました。記念行事主催者の国際禅協会のオリビエ・クンゲン会長は、「いまわれわれヨーロッパ社会は寛容な禅の知恵を必要としています。坐禅・瞑想によって心を静めることで、これまでの価値観や人生観に大きな影響を与えてくれると信じています」と述べている。
 式典では「他者に寛容な禅の心について」のシンポジュウムも行われ、招待された前述の横山泰賢師は「いま国際社会に緊張が高まっている。この混沌とした時代、歴史的な宗教間の確執によるテロが頻繁に起こっている。ヨーロッパの禅の信者や僧侶が大きなコミュニテイーになれば、できることは極めて大きいはず」と基調講演を行いました。

2)アメリカ各地にも禅道場があり、その一つで参禅を続けているある医療機器メーカーエンジニアは、「私たちはともすれば新しいものを生み出し続けなければならないという強迫観念にとらわれている。坐禅・瞑想はそのストレスから自分を解放するのにとてもいい」と言い、大手IT企業エンジニアは、「禅は成果にこだわり過ぎるなと教えてくれる。禅を学び、坐禅・瞑想を続けていると仮に特別な業績がでなくても自信を無くさずに済む」と言っています。

3)パリの禅道場で週に4回坐禅・瞑想をしている人(60代?女性)は、「禅は宗教と言うより人生哲学や世界観だと考えて興味を持った。いまでは禅なしの人生は考えられない。
これら3つの例が、いま禅に日本人より強い関心をもっている欧米人たちの禅への期待でしょう。

 最後に「禅は不寛容社会を変えられるか」のテーマについて、前述の永平寺国際部長の横山師が、道元の言葉を引用して(横山師の現代語訳)、
・・・人間は今日ここに至るまでにさまざまなものを抱えている。民族のレベルで言うと数百年、何千年も抱えているものもある。それらを全部手放して、それがいいとか悪いとかの分別を越えて、心を休めてだまって座れば、心穏やかに生きていけるのではないか・・・とまとめています。

筆者のコメント:以上、禅に対する欧米人の期待はよくわかりました。ただし、筆者の考える禅の意義からすると、重要な点が忘れられています。あくまで「NHKがまとめた」でしょう。

而今(今ここだけを懸命にに生きる)

而今(今ここだけを懸命にに生きる)

 魚川氏が伝えるブッダの悟りへの道は、「衆生が現世で体験するモノゴトは、すべて因(原因)と縁(条件)によって現れた仮の現象であり、実体ではないことをはっきりと認識し、苦や渇愛(欲望)につながるそれらを徹底的に消し去ることによって達成される」でした。まことに正当な、納得のいく思想です。そして南伝仏教では、悟りに至るために、「気付きの瞑想」の実践を重視します。

 これに対し筆者が考える禅の悟りへの道は空(くう)思想に基づくものです。すでに何度もお話しましたように、「空とはモノゴトの観かたであり、モノゴトを見た(聞いた、味わった、嗅いだ、触った。以下同じ)一瞬の体験こそ真実だ」というものです。このモノゴトの観かたが自在にできるようになれるよう、修行するのです。このモノゴトの観かたは、「人間が生きているのはいつか」を考えればわかりやすいでしょう。「いや、私は過去何十年も生きて来て、これからも生き続けるはずだ」と言ってはいけません。なぜなら過去のモノゴトは、「私が過去に見た世界」であり、すでにその私はいません。よく禅の世界では、「だから過去はない」と言いますが、それは誤りです。過去はあったのです。しかし過去は過ぎ去ったものなのです。もう実体はありません。「将来起こるであろうモノゴト」はもちろん、将来私が見るであろう世界で、たんに想像しているだけです。やはり実体はありません。これらに対し、いま私が観ているモノゴトは、まさに生きている私が観た真実の世界そのものです。

 筆者の考える「悟り」とは、「人間の意識が、神に通じる魂(筆者の言う本当の我)につながること」です。そして「輪廻、つまり生まれ変わり現象」がそのバックグラウンドとしてあります。この考えは、筆者が長年修行した神道系教団での体験と、禅の体験と知識、そして神智学(註1)から学んだ知識によるものです。このように、筆者の考えはブッダの思想とはまったく別のものです。筆者も悟りに至るための修行として、坐禅・瞑想を専ら実践するのは、禅と変わりません(註2)。「気づきの瞑想」も取り入れていますが、なかなか身に付きません。

禅の世界では而今(にこん:いま、ここ)という言葉が重要だと言われてきました。その理論的根拠は、この筆者の言う「空」の意味にあると思います。

今、ここだけに生きる

 前にもご紹介した筆者の友人Aさんから、最近よいお話を聞きました。Aさんは筆者のブログを熱心に読んで下さる人で、「空」の思想もよく理解していただいています。Aさんの知人Cさんは、これまで禅にはあまり関心のなかった人ですが、「昨日はない、明日のことは考えない、今日だけを一生懸命生きるだけ」と、「空」の思想と同じことを言っているとか。驚いて聞いてみますと、彼は長年胃ガンで苦しんでおり、常に死の不安があるギリギリの状況でつかんだのが、この人生観だったのです。「健康だった昔のことは考えない。明日、事態が急変するかもしれない。しかし、今日一日は何とかやっていける。今日だけを生きるつもりだ」と言うのです。

 いかがでしょうか。禅とはこういう思想なのです。

註1 神秘的直観や思弁、幻視、瞑想、啓示などを通じて、神と結びついた神聖な知識の獲得や高度な認識に達しようとする学問。
註2 ブッダが悟りに至るまでの長い間坐禅・瞑想したことはよく知られた事実で、奈良の大仏などはブッダの坐禅の姿を写しています。

霊は存在する(4)東日本大震災のケース(2)

霊は存在する(4)東日本大震災のケースその2)

 しょっちゅう集まって親しい友人達と飲んでいます。そこで霊的世界や神の存在についてもよく話が出ます。Aさんは最近2回目の四国遍路を終えた人で、霊の存在をある程度納得していますが、Bさんは「・・・」が常です。そのBさんにAさんは「そういう世界もあるのだ」と言いました。「なるほど」と、目が覚めたような顔をしました。そうです。あなたの考えている世界とは別の世界もあるのです。

 前にお話したように、「神の世界や霊の存在が信じられない」と言う人に何とか説明するのには、実例を挙げるのが手っ取り早いでしょう。東日本大震災後に、多くの人が霊的体験をしたことは、このブログシリーズでも何度かお話しました。今回は別のケースで、手元にある毎日新聞の切り抜き(年月日不明)を見ながら書きます。
 じつに7段組で紹介されているのは、漁師の千葉仁志さん(新聞掲載時37歳)の話です。
 
・・・あの日近くに嫁いだ町職員の姉は、43人が犠牲になった町防災対策庁舎で波にのまれたらしく、行方が分からなくなった。だが10日ほどして、千葉さんは嫁ぎ先の親戚の男性から「(姉さんは)大丈夫だったんでしょ」と声を掛けられた。避難所の中学校で、彼が姉と話したという。
 男性によると、震災翌日の夜、姉は同僚らと3人で、横一列に手をつないで避難所にやって来た。「(千葉さん宅がある)稲渕は大丈夫?」と尋ねられ、一家の無事を伝えると「良かった」と言って去ったという。「本当なんだな」。知人男性が音を上げるほど問い詰めた。だが、内心では姉だと確信していた・・・

 「爪のかけらでも」。亡きがらを捜して、千葉さんは海に網を仕掛け、身元不明の遺骨がある県外の寺にも出かけた。結局、どうしても遺体は見つからなかった。遺体を見つけてやれないことを悲しんでいないか、できれば聞いてみたかった。・・・夫婦は疲れ果てていた。知人の紹介を受け、県内の霊能者の女性を訪ねてみることにした。「気持ちはありがたいけど、もう捜さないで」「家族元気で暮らしてほしい」女性の口から”姉の言葉”が語られた。そう聞けば、胸のつかえが少し取れる・・・。

読者のコメント(7)

読者からのコメント(7)

 最近、読者のお一人から、さまざまなコメントを頂いており、どれも真摯な話題提供で、ブログの充実にもつながり嬉しく思っています。その方は、深く、広く禅仏教を勉強していらっしゃり、筆者も真正面から受け止めて、学びの材料とさせていただいています。ブログにも書きましたように、個人情報を守るため、原則として読者のお名前、所属などは非公開としています(ソフトの機構上消せない部分もありますが)。もちろん読者のコメントはすべて筆者の別のファイルに移してあり、余裕を見付けて、逐次筆者の考えをお話してゆきます。

 さて、前回の続き(同じ方から)です。
読者のコメント1)「五蘊は認識作用である」と「五蘊は認識内容である」とは殆ど同じではないでしょうか。「認識作用」があれば必ず「認識内容」を伴うでしょうから。日本の仏教学者が編集した『仏教辞典』では、「色」を認識対象と見なし、物質(形が有る物)とか肉体(姿が有る者)だという解説が主流なので、「色」は認識内容であり、姿や形や外観や見かけだと主張する為に『PALI-ENGLISH D.』の解釈を利用したのであって、辞典の解説を鵜呑みにしたのではありません。
どうぞ、再考してくださるようお願いします。
筆者の考え:筆者の以前のブログ「そもそも五蘊の解釈がまちがっているのだ」にも書きましたように、これまでのわが国仏教界では五蘊についての解釈がさまざまで誤りも多いと思います。あの碩学中村元博士でさえ、「存在するものには五つの構成要素があると見きわめた(下線筆者)」と言っています。この博士の「五蘊=存在するもの」に対する反論として、前回、「五蘊は認識作用である」と書きました。たしかに「五蘊は認識内容である」は適切と思いますが、それはあくまで「認識作用」の説明としてであり、「五蘊=存在するもの(つまり認識対象)」の反論としてはふさわしくないと思います。

読者のコメント2)(筆者の空の解釈「私たちがモノを見る(聞く、嗅ぐ、味わう、触れる)という体験こそが真の実在」について、)西田幾太郎著『善の研究』第2編第2章の「意識現象が唯一の実在である」と同じ主旨だと思って差し支え無いでしょうか。
筆者のコメント:同じと思います。西田博士は、純粋経験とか直接経験と呼んでいますね。筆者の前著「禅を正しく、わかりやすく」にも書きましたように、ドイツ観念論哲学者エマヌエル・カントの思想ともよく似ています。

読者のコメント3)他人の臓器を移植したり、癌細胞を切除して生き長らえる「我(われ)」は「経験我」とは異質のように思いますがいかがでしょう。IPS細胞で造られた「モノ」で病んでいる部分を取り替えることが可能になると、「我」はどのように理解すれば良いのでしょうか。蘊・処・界で説明できるのでしょうか。
自然(国土)が存在し、そこに生き物(衆生)が生存していて、生き物はそれぞれの知覚能力に応じた認識・認知内容の世界(蘊・処・界)に生きている、と考えたほうが分かり易いと思うのですが、いかがでしょう。

筆者の考え:魚川裕司さんの言っている「経験我」とか「個体我」は、あくまで人間の認識の問題ですから、他人の臓器を移植したり、癌細胞を切除して生きながらえようと「我」には変化はないはずです。ただ、最近、「臓器移植をすると人格(のある部分)が変わってしまった」と言う人がいます。あるいは臓器にも提供者の「我」が残っているのかもしれません。しかし、まだまだ症例があまりも少なくて何とも言えません。少なくとも当分は考慮しなくてもいいように思います。一方、人間以外の動物には、モノゴトを認識し、判断し、時には「苦」もつなげるような経験我は無いと思います。なぜなら、彼らは常に本能だけに従って生きているように思いますので。つまり、彼らは人間のような苦しみや喜びはないと思います