カテゴリー別アーカイブ: 未分類

禅寺と大蛇の話(1,2)

      中野禅塾だより (2015/12/8)

 禅寺と大蛇の話

  皆さんは次の不思議な話を読んでどのように感じますか?「 ’11年版ベスト・エッセイ集 『人間はすごいな』(文芸春秋刊)」に犬木莉彩さんが書いている話です。

 犬木さんの実家は熊本県人吉市にある禅寺。学生時代の盛夏。何気なく境内への登り口に目をやると、石段の最下段でひも状の物体がうごめいていた。駆け下りて見てみると、なんと長さ2メートル数十センチ、太さ10センチもある大蛇!体にはすり傷もあり、見た目にもかなり弱っていたが、何とか階段を登って行きたい様子。段を越えられず、ずり落ちることも。犬木さんはただひたすら上を目指す姿に心打たれた。少しでも力になりたいと日傘を指し掛け、動きの先に打ち水をしてやった。大人の足なら5分も掛からないところを蛇は2時間も費やし、ついに50段を登り切った。さらに驚いたことに、蛇は石段から30メートル先にある本堂に向きを変えて進み、ついには本堂によじ登ろうとした。慌てて住職である父親を呼んだ。父は顔色を変えずに「そっとしておいてやってくれ」と一言だけ残し、奥へ帰って行った。本堂の入り口には30センチほどの石段があり、蛇は何度もずり落ちたがかなりの時間をかけ、ようやく本堂の中に入ることができた。
 そして、静かに本尊の前までやって来ると、蛇の動きがピタリと止まった。そこはひんやりと涼しかった。2時間ほどして蛇は動き始め、ゆっくりと本堂を一周し、再び来た路を引き返し始めた。心なしか蛇の体の動きが軽く感じられた。それでも石段を数段転げ落ちたりしながらやがて視界から消えた。ほとんど一日がかりの仕事だった。
 翌朝、早くから近所が騒ぐのを聞いて胸騒ぎがし、下の小川に駆け付けると、予感は的中した。あの蛇だった。流されないようにと岩に体を巻き付けて死んでいた。水に漬かったまま数時間たったせいか、身体は数倍にも膨張し、動物園の大蛇にも劣らない大きさになっていた。しかし表情は非常に安らかだった。人がいなくなってから両親と三人で蛇を川から運び出し、蛇が必死によじ登った石段の脇にある百日紅の木の傍らに丁寧に葬り、手を合わせた・・・

 ・・・二十数年後の私は仕事や家庭に追われ、日々の生活は自分のことだけで精一杯になっている。それでも毎年夏になると、あの暑くて長い一日を思い出し、「私は優しさを忘れていない?」と自問する・・・

 犬木さんのこの不思議な体験を読んで、読者の皆さんはどう思いますか?現代の良寛と筆者が尊敬する村上光照師は蛇にも優しく語り掛けるそうです。筆者は「無門関」第一則「趙州狗子」を思い出します。すなわち、
 ・・・僧が尋ねた「狗子(いぬ)にも仏性があるでしょうか」。趙州禅師は答えた「無い」・・・
趙州の真意はいずれお話しますが、今回は言葉通り、「狗子(いぬ)にも仏性があるでしょうか」との僧の質問に対し、「無い」との答えだけに注目します。やはり犬木さんの見た光景は、蛇にも仏性があることの証拠ではないでしょうか。

禅寺と大蛇の話(2)

 以前のブログ「禅寺と大蛇の話」について、著者の犬木さんからメールをいただきました。それによりますと、「ベストエッセイ」に書かれた犬木さんの記事を読んで、「お世話になっている先生方が『雨月物語・今昔物語を想起させる』と感想を述べられた」とか。それは筆者と受け取り方が違いますので、もう少し説明させていただきます。雨月物語や今昔物語はフィクションですが犬木さんの体験は真実だと思います。
 あの大蛇は、犬木さんの実家である禅寺の本堂に神気を感じたのだと思います。蛇も(犬も魚も虫も、そして山も川も木も草も)人間と同じ神の創造物です。その意味で蛇も人間とまったく対等の「いのち」なのです。死期を悟った蛇は、禅寺の方向に神の世界を感じ、必死になってそこへ近付こうとしたのだと思います。犬木さんは大蛇の努力を見て感動されたのでしょう。筆者もそれを読んで目頭が熱くなりました。

 筆者は「悟りとは神と一体化すること」と考えています。禅寺が神の世界につながる入り口だとして何の不思議はありません。筆者はいつも坐禅・瞑想を神棚の下で行っています。犬木さんの体験は、かねて持っておりました筆者のこういう考えを、まさに現実として見させていただいたのだと思います。筆者は以前、好きな植物の世話をしていて、「ハッ」と心が通じ合った気がしたことがあります。

 それにしても、死んで水の中で何倍にも膨れ上がった蛇を抱きかかえ、埋葬して供養して下さった禅師のお父さん、お母さんには頭が下がります。筆者は農村出身で、カエルもトカゲも毛虫も平気ですが、蛇だけは苦手ですから。それをお手伝いされた犬木さんは、掛け替えのない禅の実体験をされたのだと思います。

不登校・引きこもりには坐禅・瞑想を

         中野禅塾だより (2015/12/6)

 不登校・引きこもりには坐禅・瞑想を

 不登校児童を持つ両親の悩みは深刻で、鬱になった母親を何人も知っています。引きこもりは子供ばかりではなく、ニートの大人も沢山いますね。それが何年にもわたり、親が心配のあまり逆に強く叱って刃傷沙汰になったケースも報道でよく見聞きします。

 坐禅・瞑想はこのような場合とても良い治療法なのです。筆者も大学で登校拒否の学生のカウンセリングを何度も経験しました。しかし、これらの人を癒すのはほとんど不可能でした。考えてみれば当然です。初めから心を閉ざしているのですから、こちらの話に耳を貸さないのです。

 この問題に関して、香川県高松市の野田大燈禅師の報四恩精舎四恩の里の活動をご紹介します。そこでは、不登校や、家庭の崩壊などで家族と一緒に暮らせない子供たち、ニートなど社会に適応できない人たちが坐禅・瞑想を基本にして、嬉しいこと楽しいことを生み出す自分を作り上げて行くための訓練をしています。野田師は29歳のとき、サラリーマンだった人生に疑問を持ち、禅の修行生活に入り、ゼロからスタートしたのです。

 訓練の基本は、今お話した坐禅・瞑想、規則正しい生活(これらの人たちの中には夜昼逆転の生活をしていた人も多い)、5000平米にも広がるハーブ園での農作業や清掃、四国巡礼の途中や、精舎の中にあるハーブ喫茶を訪れる人たちと接すること、食事の前後に唱える「四恩(父母、社会、ふるさと、大自然)への感謝の言葉」などの実践を通じて、自分を取り戻し、自立して行く手助けをしています。さらに、社会に復帰した後の自活のために陶芸なども指導。野田師の活動は、以前お話した、テイクナットハン師がフランス郊外に開いた「李(すもも)の里」での実践に共通し、禅を生活に生かす一つの大きな道でしょう。

 筆者も坐禅・瞑想を高ぶった心を鎮め、自分を取り戻すめるための有効な修行と考えています。前著「禅を正しく・わかりやすく」でもお話しましたように、筆者は6年前大変苦しい状況に陥った時、禅を本格的に学び直しました。一日3回、それぞれ40分の坐禅・瞑想、かなり長時間のウオーキングを実践して切り抜けた経験があるからです。坐禅・瞑想は何よりもまず心を落ち着かせ、自分を取り戻すのに有効です。

 野田師も言っているように、これらの修行をするにはまず発心(やろうという決心)が必要です。引きこもりの人たちも「何とかしなければいけない」と思っているのですから、ほんの少し心を開けばきっかけがつかめるのです。このように坐禅・瞑想は、大人なら発心し、良い指導者さえ見つければ誰でも実践できます。できれば集団生活をするのが望ましいのですが、何人かの人と一緒に修行すれば十分可能です。
 

殺して見たいから殺す(1)

       中野禅塾だより(2015/12/1)

殺して見たかったから殺した(1)(今回だけは筆者のカンと想像によるものですから、それを前提にしてお読みください。)

 最近「ただ殺して見たかったから殺した」との不可解な犯罪が目立つようになりました。恨みからでも金銭がらみでもない異常さには、多くの人が重苦しい気持ちになったと思います。とくに印象深かったのは、昨年の名古屋大学女子学生のケースではないでしょうか。キリスト教に誘ってくれた老婦人を殺してバスタブに隠し、何食わぬ顔をして故郷へ帰っていた事件です。理学部の学生でした(筆者の勤めていた大学ですからショックも大きかったのです)。
 警察はすぐに彼女を容疑者と特定して実家から呼び寄せました。心配して名古屋まで付いて来た母親を無理にホテルに泊め、自分は1週間前に殺した女性の遺骸のあるアパートで一晩寝たというのですから、聞いただけで鳥肌が立ちますね。
 もちろんマスコミも大々的に取り上げ、社会・教育心理学者のコメントも多く紹介されました。警察が立件する前に精神鑑定をしたのも当然でしょう。しかし今日お話するのはそこなのです。心理学者たちが「家庭の教育に問題がある」と言っているのはおよそ的外れだと筆者は思うのです。それは単なるきっかけに過ぎないと考えます。

 彼女にはいわゆる邪霊が付いているに違いありません。邪霊と言ってもその正体が何であるかは筆者にはわかりません。筆者が10年以上神道系の教団に属していた経験から言っているのです。ぜひ優れた霊能者見てもらうべきです。そうしなければ何一つ問題は解決しないと思います。まずその霊能者はその邪霊の正体を突き止めるでしょう。そして、除霊をするはずです。

 筆者はこれらの事件そのものを言っているのではありません。こういう異常な事件が続いて起こるという、その霊的側面を問題にしているのです。読者は「突飛なことを言う」と思うでしょう。しかし長年神霊世界を垣間見てきた筆者のカンなのです。なにか人間の住むこの世界と神霊的世界との関係がおかしくなって来ているのではないかという気がするのです。すぐれた霊能者たちもきっとそう感じていると思います。
 まず動物は「殺して見たいから殺す」ということは絶対にありません。人間には戦いや恨み、金銭がらみで人を殺して来た長い歴史はあります。しかし「ただ殺して見たかったから殺した」ということはありませんでした。それが今次々に起こっているのです。今後精神世界が重要視される時代になることは、多くの心ある人が指摘しています。それとの関連でこのお話をしました。

西田哲学と禅

         中野禅塾だより (2015/11/28)

西田哲学と禅(1)

 筆者がこのブログで繰り返していますように「空」の理論とは「モノがあって私が見る」という見かたと異なり、「私がモノを観る(聞く、味わう、嗅ぐ、触れる)という体験こそが実在だ」というモノゴトの観かたです。じつは前著「禅を正しく、わかりやすく」にも書きましたように、西田幾多郎の「純粋経験」学説も「空」理論とほとんど同じなのです。

 西田幾太郎(1870-1945)は、元京都大学教授。わが国初の本格的な哲学者と言われ、西田哲学という、今でも個人名で呼ばれる独自の思想体系を確立しました。西田には「善の研究」という、旧制高校生に広く読まれた著書があります。絶対矛盾的自己同一という、当時の高校生には「よくわからないが、なにかかっこいい」言葉が「高校生的」だと受け取られたのでしょう。西田の思想のエッセンスは、

・・・我々が実際に感覚しているもの、それが物(モノ:筆者)自身である。たとえば、色を見、音を聞く刹那・・・この色、この音は何であるという判断すら加わらない前の、少しも思慮分別を加えない、真に経験そのままを言い・・・この直接(直覚的)経験こそ物や心の認知の基礎である。「この世の中のあらゆる実在、草木も石も山も、動物も植物も人も、その精神もすべて我々の意識現象(註1)、すなわち純粋経験(直接経験)の事実あるのみであり、客観的物質世界というのは単に思惟の要求より出た仮定に過ぎない(一部を抜粋)・・・

とうものです。このように西田の考えは禅の「空思想」と基本的には同じです。西田はあの鈴木大拙と同じ金沢の出身で、古くからの友人であり、鈴木は禅、西田は哲学とジャンルは違っても「お互いに強く影響を受けた」と鈴木自身が語っています。筆者は「善の思想」は「禅の思想」だと考えています。
 西田の思想はカント以来のドイツ観念論哲学ともよく似ています。西田自身は「旧制高校生のころから独自に考えていた」と言っています。思想とは一人の人間が突然思い付くものではなく、それ以前に必ず類似の思想があり、それらの上に構築されるものなのでしょう。筆者の尊敬する元東京大学教授橋田邦彦博士も「私の考えには独創的なものはない。以前からあった考えを少し進めただけだ」と謙虚に言っています。橋田博士は若い時道元の「正法眼蔵」を解釈したいと思い立ちましたが、原本にはとても歯が立たず、道元の死後弟子詮慧(せんね)によって書かれた解説書(これさえ原本:筆者)を東京大学図書館で見付け、それを手掛かりに20年間にわたって研究してようやく理解したという真摯な努力を積み重ねた人です。注目しなければならないのは、当時すでに澤木興道師、岸沢惟安師などの著名な禅師が活躍していたにもかかわらず、それらに依らず、独自に解釈を目指したことです(岸沢惟安師の講演に基づく著作集を筆者も読んでみましたが、まったく理解できませんでした)。

註1 意識現象という考えは、仏教の唯識思想と基本的には同じです。いずれお話します。

西田哲学と禅(2)絶対矛盾的自己同一

 前回、西田幾太郎の哲学と「空理論」は基本的には同じだと述べました。今回は有名な西田博士の思想・絶対矛盾的自己同一についてお話します。結論から言いますと、絶対矛盾的自己同一とは「色即是空」のことなのです。西田博士が禅の鈴木大拙博士と高校時代からの親友同士だったことはよく知られています。学問的にも「お互いに影響を受けた」と言っています。西田博士はわが国の哲学界で「西田哲学」と個人名で呼ばれる思想を作り上げた稀有な人です。京都大学にはその後「西田学派」と呼ばれる体系ができました。
 絶対矛盾的自己同一の問題に入る前に、西田博士の最初の著書「善の研究」(岩波文庫)について触れます。同書は旧制高校生が意味も分からないまま、その言葉のカッコよさから「愛読した」と言われています。「善の研究」とは、人間の善行為の哲学的解説という意味です。以前お話したように「善の研究」には、

・・・我々が実際に感覚しているもの、それが物(モノ:筆者)自身である。たとえば、色を見、音を聞く刹那・・・この色、この音は何であるという判断すら加わらない前の、少しも思慮分別を加えない、真に経験そのままを言い・・・この直接(直覚的)経験こそ物や心の認知の基礎である。「この世の中のあらゆる実在、草木も石も山も、動物も植物も人も、その精神もすべて我々の意識現象、すなわち純粋経験(直接経験)の事実あるのみであり、客観的物質世界というのは単に思惟の要求より出た仮定に過ぎない(一部を抜粋:筆者)・・・

とあります。まさしく「空理論」と同じですね。

 禅では「色即是空・空即是色」というふうに、私が見たモノゴト、つまり色と、「空」、すなわち体験として観た「モノゴト」が同じ(正確にはちょっと違うのですが、くわしくは後ほどお話します)である、と言います。つまり、「色」と「空」は同じモノの両側面です。しかし、様相はまったく違いますね。それを禅では「不一不異」と言います。「同じではないし別でもない」という意味です。前に禅がカントらの理論と似ていると言いましたが、決定的に違うのはここなのです。すなわち「色」も否定していないところです。西田博士の言う「絶対矛盾的自己同一」とは、自己の両側面「色」と「空」は絶対矛盾的関係にあるが同一だということで、これが正しい意味なのです。いかがでしょうか。

 以前紹介したある人がブログで、
 ・・・ゆえに大拙氏の「即非の論理」はまったくのナンセンスで、そのナンセンスなものをヒントにして作成した西田幾多郎の「絶対矛盾的自己同一」なる論文は、茶番としか言えない・・・
と厳しく批判しています。この人はさらに、
 ・・・わたしも大拙氏と同じく、師の印可を受けていない自称悟得者である。しかし、大拙氏の文言と、その誤りを指摘した文言のどちらが正でどちらが非であるかは、すこしでも禅を齧ったことのある者が見れば一目瞭然で分るはずである・・・
 
 筆者の上記の解釈で西田博士の考えがいかに革新的かお分かりいただけるでしょう。ちなみに、鈴木大拙博士は自称悟得者などとは一度も言っていません。

悟りのその時

         中野禅塾だより (2015/11/25)

悟りのその時

 悟りは古今を問わず修行者の究極の目標でしょう。「パッ」と悟るものか、徐々に悟るものかは、宗派によって考えが違います。「パッ」と悟ることは禅を学ぶ者の理想で、「公案集」には「香厳撃竹(香厳という僧が庭を掃いていて、箒の先から飛んだ石が、そばの竹に当たってカチンと音がした瞬間に悟った)」とか、谷川の水の響きを聞いて悟った(註1)など、いくつかの感動的な例が出てきます。禅では悟ってもいないのに「悟った」というのを「生(なま)悟り」と言って、厳しく戒めています。では、悟りは単なる個人の思い込みかというとそうでもありません。

 空海が修行時代、室戸岬の御厨人窟(みくろど)で悟ったエピソードはよく知られていますね。空海はそれまでに「虚空蔵求聞持法」という短いお経(というより呪文:ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ マリ ボリ ソワカ)を100万遍唱える修行をしていました。そして突然天空から明星が口に飛び込み悟りを得たと言います。日蓮もこの修法をしたと伝わっています。
 
 じつは今でも高野山のごく一部の修行僧がこの修法をしています。特別なお堂に入って、1日1万回なら100日間、2万回なら50日間唱えるのです。軽い木の数珠をまさぐりながら数えるのですが、2万回も数えると15時間以上もかかり、数珠は石のように重くなるとのことです。そして結願のころ奇跡が起こるとか。起こらなければ諦めるか、また一からやり直すという厳しいものです。神秘現象の内容がどういうものかは口外されませんが、それを見た人はお札を奉納することになっています。しかしその数は多くないようです。
 
 つまり、「悟り」は決して単なる思い込みだけでなく、その瞬間には、はっきりとした兆候があるといことですね。筆者もそう思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

註1 中国宋時代の詩人蘇東坡が師匠の常総禅師から与えられた公案「無常説法(山川草木など情のないものの説法の声を聞け)を必死に考えて旅をしているとき、渓流のごうごうと流れる音を聞いて突然悟ったという有名な故事。道元の「正法眼蔵」にも「渓声山色巻」があります。

  蘇東坡の詩「渓声山色」

    渓声便是広長舌 谷川の音は如来の無限のご説法である
    山色豈非清浄身 山の姿がそのまま清浄なる仏の姿であり、
    夜来八万四千偈 如来の無限のご説法を聞居ていることと同じだ 
    他日如何人挙似 この感激を人にどう伝えたらいいのか