なぜ今だに法華経なのか-100分で名著(1)

 最近、植木雅敏さん(仏教思想研究家)をゲストにNHKで放映がありましたね。しかし筆者には「なぜ今ごろ」と思ううのです。番組の内容を簡単にまとめますと、

・・・釈迦の死後仏教界は分裂し、約20の部派に分かれたこと(註1)、その中で「切一切有部」がもっとも勢力が大きいこと、しかし次第に権威主義的になり、「自分たちだけが悟りに達すればいい」と考えるようになったことが、後に強い批判を浴びるようになり、それに対する反発が徐々に新しい思想へと発展しました。いわゆる大乗仏教ですね。まず般若経や維摩経としてまとめられました。そこでは部派仏教を「小乗仏教」と決め付け、教えを「聞いて」学んだ者を声聞(しょうもん)、独学した者を独覚とに分けました。ちなみに「乗」とは乗り物を指し、悟りに至るための手段のことです。つまり、小乗とは初期仏教徒をバカにした言葉です。

 そして、釈迦のみを菩薩と呼び、完全なる悟りに至った人(ブッダになれた人)だとし、声聞や独覚は、それぞれ、声聞果、独覚果という、ブッダより一段低い、阿羅漢の境地にしか至れないとしました。さらに、般若経や維摩経のような初期大乗仏教では、「すべての人間は悟りに至ることができる」と言いながら、声聞や独覚のひとたちを例外とみなすという、自己矛盾に陥っていたのです。そしてそれらを統括する教えとして、「釈迦が最後にお説きになったのが法華経だ」と、法華経を尊重する人たちは言います。しかし、初期仏教の経典類(スッタニパータなど)と大乗経典の法華経とはまったく異質です。

筆者のコメント:まず、小乗仏教と言う言葉が貶称(バカにした言葉)です。にもかかわらず植木氏のような現代人でさえ注釈なしに使うのはいかがなものでしょう。さらに重要なことは、釈迦が「最後にお説きになったのが法華経だ」という考えには根本的誤りがあることです。法華経は釈迦が直接説いた教えではないのです。このことはすでに学問的に確立しています。それゆえ、植木氏がいまだにそう考えているのは驚きです。大乗経典類は、おそらく後代、インドの無名の、しかし優れた哲学者たちが積み重ねていった思想なのでしょう。

 たしかに古来、「すべての経典は釈迦がお説きになった」という根強い考えがあります。さまざまな矛盾のつじつまを合わせるために考えられたのが五時八経説などのこじつけなのです。すなわち、釈迦が悟りを開かれて最初にお説きになった教えが華厳経・・・、そして最後にお説きになった最高の教えが涅槃経や法華経だというのです(註2)。これに対し、「大乗経典は釈迦が説いた教えとは大きく乖離したものである」と見抜いたのは、江戸時代の若き学者富永仲基です。すべての経典を一切経とか大蔵経と言い、約5000巻あります。富永は主要なものを読んで、それらの内容が階層的になっていること、後期の大乗経典類は、初期仏教の経典から大きく変貌していることを見抜いたのです。まさに大天才でしょう。

註1偉大な釈迦が亡くなられた後、迦葉(かしょう)を中心にして「釈尊の教え」について、さまざまな弟子たちの記憶が突き合わされ、調整されたのは当然でしょう。にもかかわらず、その後意見を異にする部派が20もできたのです。それだけインド人は思索好きなのでしょう。

註2天台智顗(ちぎ、隋代の僧侶、天台宗の開祖)が、一切経を釈迦が悟りを開いてから亡くなる前の45年間に説かれたものとして時系列に従って分けた説。華厳時(華厳経)-阿含時(阿含経・発句経)-方等時(阿弥陀経・観無量寿経など)-般若時(大般若経・般若心経など)-法華・涅槃時(法華経・涅槃経など)。日本へは天台宗の最澄が紹介しました。これを日蓮が採用し、「法華経」が最高の教えであるという根拠としたのです。そのため、創価学会など、日蓮宗系の宗派がこの説を採用していますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です