色即是空・空即是色(2)

読者の方から次のようなご質問をいただきました。

凡愚です。ご無沙汰いたしております。つたなき質問をお許し下さい。
1 モノ(或いはモノゴト)の真相は、中野さんの御説からしますと、色の見方と空の観方が一如したものからみる必要はなく、空の観方によって得られるのではないでしょうか。2 仮に「色の見方と空の観方が一如したもの」からしかモノゴトの真相は見えない、としますと、それはどんな「みかた」で、そこからはどんな「真相」が見えるのでしょうか。愚考しますに、せいぜい色の見方と空の観方とを、瞬時にみかたを切り替えてみるとしか、言いようがないような気もしますが・・・・・?
3 青原禅師は、「落ち着いた今となってみると云々」とおっしゃられているようですが、そうすると空の観方というのは、人は四六時中そういう観方をして暮らしていけるものではなく、普段は(社会生活的には)色の見方が普通で、煩悩や不安が起きそうになったら、空の観方に切り替えて対処するということではないのでしょうか。
4 「あいかわらず山は山で、水は水にみえる」というのが、修行前にみたのと違うということですが、違わなくて(色の見方だから)よいのではないでしょうか。色の見方というのは、修行には関係しないように思われますが・・・・・・?

筆者のコメント:いつも適切なご質問をありがとうございます。他の皆さんにも参考になりますので、ブログ本編で取り上げさせていただきます。

筆者の考え:

1)おっしゃるように、空の観方が正しいものごとの観方だと思います。しかし、色の見方を無視すると、「物などない。ただ意識だけがある」という唯識論になってしまいます唯識論には原理的な欠陥があると、すでにお話しました。

2)常に(四六時中)空の観方でものごとを見るのが、悟りだと思います。人間の思い込みや(時代によって変動する)価値観、感情にとらわれたモノゴトの姿ではなく、神の目で見た姿です。青原禅師は「悟りの後で観た世界も修行前に見た世界と同じだ」と言っていますが、それは言葉の「綾」で、じつはまったく違うのです。変わるのは景色だけではありません。周りと私との関係が変わってしまうのです。それ以上は言えません。

3)「煩悩や不安が起きそうになったら、空の観方に切り替えて対処するということ」ではありません。逆です。「ふだんから空の観方でモノゴトを見ているが、色、すなわち物体としての存在も決して無視しているのではない」これが正しいものごとの観方だと思います。

4)「修行前にみたのと違わなくて(色の見方だから)よい」のではなく、空の観方で見えるようになったことが悟り(飛躍)だと思います。前記のように、同じように見えていても質的にはまったく違うのです。

追加:おっしゃるように色の見方には修行は必要ありません。一方、空の観方は、「なるほどそういうものか」とわかるのは第一段階に過ぎず、意識せずにその観方ができるようになるためには、さらなる修行が必要だと思います。それが悟後の修行と言われるもので、村上師や良寛さん・・・皆さん厳しい修行を続けていらっしゃいます。

 「悟りの状態とは、いわば、クリーム(Oil in Water)の状態からバター(Water in Oil)の状態にクルッと転換した心境だ」とお話しました。あなたは良いところまで来ていますが、まだクリームの状態だと思います。

岸根卓郎氏批判について-読者のコメント

読者のコメント(14)

 読者の田中様から以下のコメントがありました。筆者の感想とともにご紹介します。  

・・・真理は常に少数者から始まります。地動説も当時はとんでもない考えだったでしょう。岸根先生が真面目に量子物理学を一般人でも分かるように書かれたものを、一刀両断切り捨てるようにご批判されています。「道」を求めている方の態度として、いかがなものでしょうか。「『見えるもの』を通じて『見えないもの』を見るのであるともいはれる」。これは湯川秀樹氏の『存在の理法』(189ページ)の1節です。量子物理学の世界は「オカルト」の世界かもしれません。言葉で説明できない世界を言葉で説明しなければいけない。だから、同じような言葉を繰り返さざるを得ないと思います。そういう苦しみを感じませんか。岸根先生の『見えない世界を科学する』は古本でプレミアムがついています。多くの人が何か大切なことを感じでいるのだと思います。

田中様  礼儀をわきまえた誠実なご意見を嬉しく思います(そうでない人も時々いるものですから)。岸根氏の論説は量子の不思議な性質についてのコペンハーゲン解釈の上に成り立っています。それが岸根氏の自説に都合の良い恣意的なものであることは、筆者の検証ときちんと比較していただければお分かりいただけるはずです。量子物理学の世界は確かに理解が困難ですが、決してオカルトではありません。また、古本にプレミアが付こうと著書の価値とは関係ありませんし、湯川博士の方法論がこのケースにも当てはまるかどうかも、別の話です。
・・・・・・・

 他の読者にとっても興味ある問題だと思いますので、追加させていただきます。私たちの常識では理解し難い現象があると、神や霊魂に結び付けたくなる人が少なくないようです。岸根氏は素粒子の不思議な性質をそれらに結び付けました。一方、ダークマター(暗黒物質)やダークエネルギー(暗黒エネルギー)を「それだ」とする人たちもいます。宇宙全体の物質エネルギーのうち、74%がダークエネルギー、22%がダークマターが占め、残りのわずか4%を銀河や塵が占めると言われています。銀河や塵のように光や電波を出さないため、ほとんど性質が不明の物質です。その本体については未知の素粒子説などさまざまな考えが提出されています。ただ、  筆者が尊敬する臨済宗の禅師山川宗玄師は、「仏法とは言葉では表現できないもの。ちょうどダークマターのようであり、ダークマターの中に山や川や私たち人間がいて、さまざまな現象を引き起こしている」と言っています。そして「ダークマターが物質でないことは、仏法は言葉では表現できないことの例えとしてふさわしい」とも言っています。しかし、それはちがいます。山川師は物理学科出身だそうですが、ダークマターには質量があることがわかっており、立派な物質です(註1)。たんに、私たちが宇宙を観測している手段である光や電波を出さないために観測できないだけです。  ことほどさように、私たちのこれまでの常識では説明できにくい現象は、しばしば神や霊魂の本体だとされるのです。いずれあらためてお話ししますが、この世のすべての物質-もちろん素粒子も含みます-は神の被造物ですから、岸根氏の言うような神が素粒子であるはずはありません。 註1光子には質量はありませんが間違いなく素粒子の一種です。つまり、質量の有無は物質であることの絶対条件ではありませんが、質量があるものが物質であることはまちがいいないのです。

禅の心 加島祥造さんの詩(1,2)

 加島祥造さんの次のようなよい詩に出会いました。加島さん(1923-)は「タオ(道:筆者)ヒアナウ」(Parco出版)、「タオ―老子」(筑摩書房)などの著者。老子や荘子の思想に造詣が深い人です。ヒアナウは「今ここに」という禅の思想とも共通するものがありますね。以下の詩は、禅の心をわかりやすく表したもののように思えますので、ご紹介します。

 (1)受け入れる(小学館より)

 受けいれる

 すると優しい気持ちに 還る

 受けいれる

 すると 固くこわばっていた体に 柔らかさが戻る

 受けいれる

 すると 自分の心が 意外に広いと気づく 心が広いから 受けいれるんじゃないよ 受けいれると 広がるんだ

 受けいれる

 すると 許すということがわかりだす 許すということを知ってから 受けいれるんじゃあないよ

 受けいれる

 すると 人の気持ちがわかってくる 人の気持ちがわかって 受けいれるんじゃあないよ

 受けいれる すると 受けいれなかった自分が 小さく見える

 受けいれる

 すると 自分の根にある 明るさに気づく 悲しみを受けいれるとき 苦しみを受けいれるとき 「受けいれる」ことの 本当の価値を知る

 喜びが 悲しみに変わったとき 柔らかに受けいれる すると、新しい展開が始まる 悲しみを受けいれる 苦しみを受けいれる 恐ろしさを受けいれる くやしさを受けいれる― そんなことできないと思う自分を 受けいれてみるといい そうする自分は 悲しみや苦しみの外にいる 恐ろしさやくやしさの外にいる

 受けいれる

 いまの自分 ダメな自分 愚かな自分 恥ずかしい自分を受けいれる そしてかわいがってやる

 受けいれる

 すると勇気がわくよ 小さな自分なりの 勇気がね

 受けいれる

 たっぷりと喜んで生きる人 悲しみや怒りを 受け入れる たっぷりりと生きる人は 死を受けいれる

 受けいれない癖のついた人は 喜びも受けいれなくなる 一つのことを うれしい気持ちで受けいれる すると次のこともうれしい ひとつのことを 悲しい気持ちで受けとる すると 次のこともその次のことも 悲しくなる

 受けいれる

 それは両方の手のひらを開いた姿勢だ 共に生きよう、という共存のジェスチャーだ

 受けいれない それは両方のこぶしを握り固めた姿勢だ 他者を締め出し 入ってきたら戦う構えだ

 受けいれる

 陰と陽を 善と悪を 美と醜を 安心と恐怖を 喜びと悲しみを― 両方を受け入れるとき 道が見えてくる 片方だけ受けいれるのは 両方とも見えないってことだよ

 受けいれる

 それをいやいやすると 奴隷になる

 すすんでやるときは 主人だ (以下は版権にも関わりますので略します)

筆者のコメント:これの気持ちが心の底からわかって意識せずにできるようになればそれは一種の悟りでしょう。

 (2)求めない(小学館より)

求めない―

すると

簡素な暮らしになる

求めない―

すると

いまじゅうぶんに持っていると気づく

求めない―

すると

いま持っているものが

いきいきとしてくる

求めない―

すると

それでも案外

生きてゆけると知る

求めない―

すると

改めて

人間は求めるものだと知る

求めない―

すると

キョロキョロしていた自分が

可笑しくなる

求めない―

すると

ちょっとはずかしくなるよ

あんなクダラヌものを求めていたのか、と

求めない―

すると

心が静かになる

求めない―

すると

楽な呼吸になるよ

・・・・・・

求めない―

すると

体ばかりか心も

ゆったりしてくる

求めない―

すると

心が広くなる

求めない―

すると

ひとに気がねしなくなる

求めない―

すると

自分の好きなことができるようになる

求めない―

すると

恐怖感が消えてゆく

求めない―

すると

心が澄んでくる

求めない―

すると悲しみが消えてゆく

求めない―

すると

時がゆっくり流れ始める

求めない―

すると

心に平和が広がる             (以下著作権の問題があり省略)