「空」がわからなければ禅はわからない(1)


無門関第6則「世尊拈華」

本則

世尊、昔、霊山会上(りょうぜんえじょう)に在って花を拈じて衆に示す。

是の時、衆皆な黙然たり。

唯だ迦葉(かしょう)尊者のみ 破顔微笑(はがんみしょう)す。

世尊云く、「吾に正法眼蔵、涅槃妙心、実相無相、微妙(みみょう)の法門有り。 不立文字、教外別伝、 摩訶迦葉に付嘱す」。

(和訳)ブッダが、昔、霊鷲山で説法された時、一本の花を手に持って(拈華)大衆に示した。 この時、大衆は皆な黙っているだけであった。 ただ、迦葉尊者一人だけがニッコリと笑った。 この時ブッダは云った、「私にはモノゴトを正しく見る眼、安らぎの悟りの心とはなにかの精妙な法を理解している。それは文字に表わすこともできないし、 経典にも書けないものである。これを、摩訶迦葉にゆだねよう」。

筆者のコメント:重要な公案の一つですね。山川宗玄師の提唱(解説)は、

・・・「不立文字、教外別伝、つまり、表現しようにも表現できない、伝えようにも伝えられない法をお前に伝えるぞ」とは矛盾した話です・・・私は和歌山県由良の興国寺の住職をしていました・・・その仏殿の本尊がお釈迦様です・・・その像は少し変わっておりまして、右手に花を掲げた如来像です・・・この世尊拈華の話を何度もお参りの方々にしました。しかしこの話をする度にある疑問がだんだん大きくなっていったのです。なぜ迦葉尊者はなぜ破顔したのか・・・ただ肯くだけでもよかったのです・・・ある時、仏殿の花を活け替えていました・・・そのとたんに「アッなるほどなあ」・・・なぜ迦葉尊者は破顔微笑されたのか。理由は簡単でした・・・花が咲くの「咲く」という字は他に「わらう」と読めるんです。仏陀が掲げた花は咲いていました。花は笑っていた。だから迦葉尊者はそれを見てにっこりと笑われた。仏陀もそのとたんににっこりされたのだ・・・これが不伝の法です(「無門関の教え―アメリカで禅を説く」淡交社)・・・です(山川師の原文は長いので、筆者の責任において一部省略しました)。

筆者のコメント:これでは何のことかわかりませんね。以前にもこの公案についてお話しましたが、この公案は「」の思想を表しているのです(詳しくは以前のブログをお読みください)。「空」がわからなければ、この「世尊拈華」エピソードの真の意味はわからないのです。「空」がわからなければ禅はわからないのです。

 山川師も、・・・この内容は実はお釈迦様がお説きになったと言われている「大蔵経」にはございません。中国で作られたと言われている「大梵天王問仏決疑経」の中に載っております・・・と言っていらっしゃいますが、それだけでは不十分なのです。なぜなら、この経典は偽経だからです。おそらく「世尊拈華」のエピソードは禅宗の誰かが創作したのだと思います。

サヘルローズさんもっと幸せに

 「戦場から女優へ」(文芸春秋)の著者経歴欄などによると、イラン出身。11人家族の極貧の家庭で、本名も生年月日もわからないとか。1988年、イラン・イラク戦争の空爆により、住んでいた400人の村が全滅。4歳のサヘルさんがただ一人、空爆により、ボランテイアの女子大学生より奇跡的に救出された。もうあきらめかけていた4日後、がれきの中から手だけが出ていたそうです。人形かと思ってさわってみると暖かかった。その後、規則により孤児院に。後にこの女学生フローラさんに養女として引き取られました。フローラさんはイランでも指折りの資産家の長女だったが、サヘルさんを養女にしたため両親から勘当されました。ちなみにサヘルという名前はフローラさんの母によって付けられ、「静か」という意味だとか。1993年、日本で働くフローラさんの婚約者を頼り、二人で来日。しかし、飛行機を見送りに来てくれたフローラさんの親族は誰もいなかったとか。日本についてみると、「連れ子」の存在と、婚約者がすでに別の女性と関係があったことがわかり離別。それにより、公園でのホームレス生活(2週間)。それを知った小学校の給食おばさんに助けられた。小学校時代の校長から日本語を学んだと。すぐに上達し、今でも日本語がうまく話せないフローラさんの買い物の手助けをすると言います。それ中学に入ってもクラスメートからのひどいいじめを受ける。

 日本でのこの母娘の極貧生活は信じられないほどで、母のフローラさんはツナ缶1つを2日に分けて食べるのがすべてだったと言います。このお母さんが素晴らしいですね。イランにそのままいれば資産家の娘として大学院へ進み、その後キャリアーウーマンとして、いくらでも華やかで豊かな生活が待っていたでしょうに。サヘルさんのためだけの、しかも極貧の人生を送ってきた人です。

 筆者はサヘルさんのことをNHK「探検バクモン」で見て知りましたが、上記の経歴からは想像もできないほど明るく、快活な性格ですね。中学在学中より、家計を支えるため芸能界へ。芸能界からのオファーと言っても、最初は死体の役ばかり。「イラン生まれ」への偏見からテロリスト役もこなしたと言います。しかし、その時のサヘルさんの心構えが素晴らしいです。「悔しかった。でもどんな仕事にも手を抜かなかった」。それがやがてテレビ、映画、舞台など幅広い活躍へとつながっていったのです。

 近年、日本では大災害が続き、大切な家族を失ったり、住む場所から生活の基盤さえ失った人たちがたくさんいます。しかし、サヘルさん親子のような過酷な経験をした人たちは少ないでしょう。あの明るい人柄を見ると勇気が出ますね。

 初の詩集「あなたと、わたし」(日本写真企画)より、

・・・生まれてきて、よかった。

と、ワタシはいう。

生まれてこなければ、よかった。

と、ワタシがいった。

生まれるってなに?

生まれてくるって、なに?

同じ地球人だけど、

命の層が違うみたい、この時代は。

・・・神さまっているの?

いないでしょう。

本当に神さまがいたら

貧困も戦争も起こす?

神さまが本当にいたら

見捨てたりしない。

神さまが本当にいるのなら

どうして罪のない人が苦しむの?

神さまはずっと助けてくれない。

だからね

わたし知ってるよ、

神さまが、いないってこと。

 ・・・足元をみて、

落ちた涙の跡には、

花が咲くの。

悔しいことは栄養の源。

どんどん、泣こう。

・・・あなた自身を愛してほしい。