「未分類」カテゴリーアーカイブ

立花隆さんの死生観(2)

  「知の巨人」と言われた立花隆さん(1940-2021)は、晩年にはガンになりました。検査の動画が残っていますが、膀胱に明らなガン組織がありました。しかし、「おもしろいなー。この映像はもらえるのかなー」とは立花さんらしいですね。それをきっかけに立花さんはガンについても世界中を飛び回って旺盛に取材をし、講演で「私はがんばるつもりのないガン患者です(なぜなら)いろいろ調べてみますと、いま、どんどんガンの本質がわかってきているのですが、ガンにはどうしても徹底的にコントルーすることがきわめて難しいということが十分わかって来ています」と結論し、最後は一切の検査も治療も拒否して亡くなられました。

 筆者は、「ガンにはどうしても徹底的にコントルーすることがきわめて難しい」という理由が気になりました。立花さんは「ガンは半分はエーリアンであるが、半分は自分である」と言うのです。「半分は自分」とは、「自分の免疫機構や、キズの修復機構がガンの増殖を促進する」という意味です。その点を調べてみますと、前者については、

・・・ガン細胞は死ぬとき、人間の免疫機構を妨害する物質を放出する・・・・それによって仲間のガン細胞に対する人間の免疫機構の攻撃を妨げるのです。後者については、ガン組織が壊れると人間の修復機構が働いて壊れるのを防ぐと言うのです。怖いことですが、それが人間なのですからどうしようもありません。

 いずれにしましても立花さんは、これらの「知識」に基づいて、一切の検査も治療も止め、亡くなられました。それはそれで筋の通った死生観ですね。ただ、それがすべての人に当てはまるかどうかはわかりません。第一、病気というものは患者によってじつに様々なのです。たとえば同じ糖尿病と言っても原因や病態は患者次第で、治療法も一人ひとり違うのです。つまり、糖尿病と一括りにできないほどなのです。立花さんの多くの映像でタバコを吸っています。おそらくそれが膀胱ガンの原因になったのでしょう。鏡検の様子も写っていましたが、明瞭なガン組織が見えました。しかし、たとえ検査結果が立花さんと同じように見える人でも、立花さんと同じ経過を辿ったかどうかわからないのです。ある人は手術をし、別の人は抗ガン剤の服用。抗ガン剤の種類もいろいろあります。筆者もガンの研究をしていましたが、「なぜガンになる人とならない人に分かれるのか」とか、「どうしてガンが治る人とそうでない人がいるのか」については大きな課題でした。それは今でも変わりません。「半分は自分」であることと関係があるかもしれません。

 以上、筆者は「知の巨人」立花さんは「知」に負けてしまったのではないかとも思います。いまお話したように、同じように見えるガンでも患者によって病態も抗ガン剤に対する反応もさまざまですし、最後まで「あるいは」とか、「ひょっとして」と一縷の望みを掛けながら生きようとする「あきらめの悪い」のが人間なのかもしれません。たしかに一切の検査も治療を止めた立花さんの死生観は筋が通っています。ことに立花さん自身が納得のいくまで調べた結果の結論ですから他人が口を挟む余地はないかもしてません。それでも筆者にはそれを心から受け入れることはできないのです。

 筆者が禅についてのお話をしたとき、会の参加者から「貴方の死生観は何ですか」との質問を受けました。筆者は「死生観など、〈その時〉になってみなければわからない」とお答えしました。天下の高僧が死に臨んだ時、弟子たちが期待を込めて「何かお言葉を」と。耳を澄ませていると「死にとうない」。「えっ」と驚くとやはり、「死にとうない」・・・・。筆者の60年にわたる文字通りの親友は、「ガンの治療は受ける。しかし延命治療だけは拒否する」と宣言しています。筆者も同感です。

ハイデッガーと禅(1-3)

 はじめに

ハイデッガー「存在と時間」(1)

マルチン・ハイデッガー(1889-1976)は当時ドイツ・フライブルグ大学教授。のち学長。主著「存在と時間」(1927)は、20世紀最高の哲学書と言われています。ナチスに協力したことは重大な汚点ですが、それでも彼の哲学は今に至るまで多くの人々に感銘を与えているのです。

 「存在と時間」は難解な書と言われていますが、翻訳書が中山元、細谷貞雄、熊野純彦らによって出版されています。入門書も仲正正樹によるもの(2015)、轟孝夫によるもの(2017)、竹田晴嗣によるもの(2017)池田喬によるもの(2021)などが次々に出版され、日本人の関心の高さが窺い知れます。難解であることも入門書の多さの理由でしょう。

 しかし、じつは本書はけっして難しくはないのです。ハイデッガーの「視点」さえ分かればいいのです。以下、用語の和訳については轟孝夫「存在と時間入門」を参考にしつつお話します。

 通例のように「存在と時間」にも、ハイデッガー独特の造語がいくつか使われています。「現存在」とか「世人」とか「本来性と非本来性」というふうな。とくに後者は、特に難解なので、使うのをことさら避けている研究家も少なくありません。哲学者は、いつもその理由として「そういう造語をしなければ私の思想を十分に表現できないからだ」と言います。よくわかりますが、むつかしい概念を平易な言葉で表現するのが啓蒙家の使命ではないでしょうか?

 「存在と時間」を理解するには、やはりそれが書かれた当時のドイツの状況を知らねばならないでしょう。当時ドイツは第一次世界大戦に破れ、国家予算20年分にも相当する多額の賠償金を求められていました。その結果、ドイツのハイパーインフレは気違いじみたものになり、「パン1個1兆マルク」といった状態でした。

 第一次世界大戦はドイツ・オーストリアとイギリス・フランスなどによる帝国主義戦争でした。一方、ドイツに過大な賠償金を課した元凶がアメリカの巨大財閥であったことも、多くの心ある人は知っていたでしょう。また、死者1600万人という悲惨さを目の当たりにして、神の存在に疑問を持った人も多いと思います。つまり人々は、帝国主義や資本主義、共産主義のようなイデオロギー、そして神の存在に至るすべてに、心の拠り所を失っていたのだと思います。さらに、西欧は15世紀のルネッサンス以来、「人間の尊重」をとても重視してきましたが、それが個人や国家のエゴに変貌してきてしまったのです。帝国主義や民主主義の自由競争は、まさにその弊害でしょう。それを目の当たりにしたハイデッガーが「人間の本来あるべき姿に戻ろう」と叫んだのです。いわば第二のルネッサンスですね。そこがハイデッガーの偉大さだったと筆者は思います。

 本論

 ハイデッガーは、「人間のあるべき本当の姿とは何なのか」を追求したのです。前述の「現存在」とは、「私」のことです。なぜ「人間」と言わなかったのか?それは一般人(世人)のことではなく、他でもない「(帝国主義などに協力しなかった)私自身のあるべき姿とは何だったのか」と問いかけるためだと思います。

 ハイデッガーは「私」を二つに分けて考えました。一つは「世俗の価値観についつい従ってしまう(非本来性の)私」で、もう一つが「本来あるべき(本来性)の私」です。しかし、「本来あるべき私」の規範を「神の御心に則った生き方をする私」としてしまったら、それはたんなる「神学」になってしまいます。それでは従来と変わりませんし、第一、哲学者としての誇りが許さないでしょう。そこでハイデッガーは「本来性の私」という概念を作ったのです。その「本来性」と言う言葉が、現代の研究者にはわからないのですからどうしようもありません。

ハイデッガー「存在と時間」(2)

 本来性と非本来性

 多くの研究者が「この言葉はよくわからない」と避けています。しかし、じつはこの思想こそハイデッガー哲学の核心なのです。ここを避けてどうするのでしょうか。ハイデガーの文章を読むと、

非本来性とは「世俗的な考えの(人)」と言っていいと思います。つまり、多くの人々が考えるような時代の価値観に(知らず知らずに)同調している人です。では、

本来性とは何か。ハイデッガーはまず、「自らのを先駆的に意識できる人」と言っています。

死への先駆

「死の問題は、何よりも自分自身の問題であり、他人のものではない」と言うのです。そして「死の問題を考えることを契機として本来性の自分を考えよう」と言っています。「死への先駆が本来性を取り戻すカギである」。「自分独自の責任を引き受ける生き方は死を通じてこそ見つけられる」とも。「先駆的に」とは、「重病になってからではなく、予めの知性として」という意味です。「自分独自の責任を引き受ける生き方は死を通じてこそ見つけられる」とも。

良心の呼び声

 本来性に戻るためのもう一つの方法としてハイデッガーは、「良心の呼び声」と言っています。「別の生き方もできるはずだと気づかせてくれるのが良心の呼び声だ」とも。そして、「良心の呼び声は常に心の中から響いてくる。それを自分のものにしよう。多くの場合、そうするには決意がいるが」と言っているのです。そしてもう一つ、「気遣い」を挙げています。「おのれの存在を気遣う」ことです。さらに言えば「おのれの(良きあり方)本来性を気遣う」のです。

 時間について 

 じつは「存在と時間」には「時間」についての考察がほとんど行われていません。「おそらく、本来上下2巻にするはずが、1巻とせざるを得なかったため」が多くの研究者の意見です。筆者も上巻だけでは「時間」についてのハイデッガーの思想はよくわからないのです。しいていえば、「死を先駆的に(予め)意識していること」や、「おのれの良きあり方を予め気遣う」ことが「時間」と言っているのです。そちろん、それだけでは中途半端です。

筆者の解釈:「死」と「良心」については筆者も同感です。しかし、「良心の呼び声がどこから来るのか」についてはハイデッガーは何も言っていません。じつは下記のように、筆者の考えでは「(神につながる)本当の我の声」なのですが・・・・。

 さらに、本来性とは、ただそれだけでしょうか。前述のように、本来性を「神の御心に則った人間性」と言えばよくわかるでしょうが、「それではこれまでの神学と同じことになってしまう」とハイデッガーは考えたのでしょう。しかし、「死の自覚」と「良心の呼び声」では、あまりにも狭くなってしまうと思います。

 筆者は、それ以外に「その人の感性、さらには創造性」も入ると思います。すぐれた芸術家や科学者のインスピレーションのことです。「すぐれた」を入れなくても、誰にでもすばらしい感性はあります。凡人の感性はよく間違えますが・・・。筆者は本来性を「(神につながる)本当の我」だと考えます。「本当の我」については、これまでこのブログシリーズで何度もお話してきました。本物の感性は、禅で言う「悟り」です。

ハイデッガー「存在と時間」(3)

 他のモノとの関係

 ところで、ハイデッガーは「存在」の意味をもう一つ提示しています。すなわち、「存在」とは人間であるだけでなく、世界の他の事物も含まれるのは当然ですね。そこでハイデッガーは、自己と他己(他の事物、モノ)との正しい関係を重視しているのです。つまり、「私」と他のモノとの「根源的な存在関係を正しいものにすることが大切だ」と言うのです。もちろんこの「私」は真の(本来性の)私(現存在)のことです。ハイデッガーは、

・・・・人間が世界の事物と関わるときにその事物の「存在」を真正な仕方で理解することと捉えなおされるようになる。本来性と非本来性の区別は、真の「存在」が了解されているかいないかの違いである・・・・と言っています。

 要するに「本来の正しい私が見た他の事物のことです。本来性の私とは「モノゴトの真の〈存在〉を正しく認識できる者」であり、非本来性の現存在とは「それができない者」と言うのです。

 色即是空・空即是色

 じつはこのことは、禅でいうところの「正しいモノゴトの観かた」と共通するところがあります。つまり、ハイデッガーの言葉は、筆者の言ってきた「モノゴトを〈空〉の観かたで見るか、〈色〉の見かたで見るかの差」と言い換えられると思うのです。これについては筆者のブログで繰り返しお話してきました。ハイデッガーの考えは、要するに色即是空なのです。

 しかし注意すべきは、禅では「色即是空」と言いつつ、「空即是色でもある」と言っていることです。そして両者は「一如だ」と言うのです。その通りで、禅の思想の方が、ハイデッガーに思想より一段とすぐれて深いと筆者は思うのです。

 いずれにしましても、ハイデッガーの思想は東洋の禅思想に共通するところが多いのです。これが当時の西洋哲学者にとって新鮮だったのでしょう。

ハイデッガーの自己矛盾

 しかし、ハイデッガーはヒトラー・ナチス党の政策を評価して自らも党員になりました。それどころかフライブルグ大学学長として学生たちに「革新である」との檄を飛ばしたのです。ヒトラー・ナチスに率いられたドイツがどのようなことをして、どのような終末を迎えたのか。それは結果論だったのか・・・・。ハイデッガーは明らかに、大勢に流された、非本来的現存在だったのです。言い逃れようのない自己矛盾ですね。

 ハイデッガーがなぜこのような錯誤をしたのかは興味を搔き立てられるところです。

 以上、ハイデッガーの思想はけっして難解ではありません。

なぜ欧米人は禅にあこがれるのか(2)

読者のえびすこさんから次のようなコメントが寄せられました。

 ・・・欧米で仏教徒の割合(アジア圏からの移民およびその人の子孫、または日系人以外の仏教徒)が増えているのとは反対に、日本ではクリスチャンの割合が明治以降はほぼ横ばい(人数自体は明治初頭と比べると増えている)です。欧米の方が「他宗教」を受け入れやすい土壌なのでしょうか?欧米人は「キリスト教よりも仏教の方が人生のありがたみを実感できる」と言う発想もあるのでは?世界史を見るとキリスト教国同士の戦争は数多くありますが、仏教国同士で戦争をしたことはほとんど前例がありません。

 筆者のコメント:重要なご指摘だと思います。以前のブログで、ベトナム出身の禅僧テイクナット・ハン師がアメリカ連邦議会やイギリス国会、さらにはあのGoogle社に招かれて講演したとお話しました。欧米の資本主義が激しい競争化を引き起こしていること、勝ち組は豊かな生活が送れるのに対し、負け組になると社会的にも経済的にも大きな格差が付くことが、どれほど人々の心にとってマイナスであるかは、言うまでもないでしょう。さらに資本主義は国家間の争いの元にもなっています。

 ハン師がアメリカやイギリス議会に招かれたのは、泥沼化した世界各地の紛争解決の糸口を禅に求めたからだと言われています。そしてGoogle社のような新進気鋭のトップ企業に招かれたのも、激しい競争で苛まれたが社員たちの心を救うためだと思います。

 良寛さんの清貧の人生については何度もお話しました。

・・・・立身などどうでもいい。

    頭陀袋の中に3升の米と、

    炉端に薪が一束あれば十分に満ち足りている・・・・

この思想はハン師や良寛ばかりではありません。あのブッダでさえ、持ち物は着古した衣と、食べ物を乞うための鉢だけでした。およそ競争とは無縁の、しかし満ち足りた人生だったのです。仏教とはそういう基本的思想です。欲のために他人や他国と争いが起きるわけはありませんね。

 西欧にはキリスト教やイスラム教のような大宗教があります。しかし、キリスト教国家同士や、イスラム教との間の紛争の歴史です。いや、現在もそれが続いているのです。筆者も信仰の始めはキリスト教でした。キリスト教にはたくさんのすばらしい人間の智慧があります。

・・・明日のことは思い悩むなかれ。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である・・・

など、筆者の好きな言葉です。ただ、長年にわたってキリスト教を近くから眺めていますと、あまりのマンネリでうんざりすることも。それが現代人にとってキリスト教が魅力を失っていることの一つの理由のような気がします。何かといえば「(マタイ)伝第○○節では・・・」なのです。それらに一番詳しい人が神父であり、牧師なのです。しかも、キリスト教では、神と人間との間には決定的な隔たりがあり、一つになることなど思いもよりません。それに対し、仏教では多くの宗派で瞑想によって本当の我と疎通し、仏(神)と一体になることができるのです。「他人のことで思い煩うこと」などないのです。

 以上が、「えびすこ」さんの疑問に対する筆者のお答えです。いかがでしょうか。

「深い河」キリスト者への質問(1-2)

 1)以前のブログで、遠藤周作さん(1923‐1996)の「沈黙」について「踏み絵を踏んだのは遠藤周作さんです」と書きました。遠藤さんは、敬虔なクリスチャンだった母に勧められて、幼いころから教会に通いましたが、いつも「キリスト教は僕には似合わない洋服のようだ」と考えていたと言います。「それでも母への想いも強く、その葛藤が作家活動のモチベーションになった」と言っています。その彼が自ら代表作と言う「深い河」を執筆したのは死の5年前でした。「深い河」は「和服が似合う日本人のキリスト教とは何か」が主題です。「深い河」には、それぞれの課題を抱えた5人が出てきますが、とくに印象深かったのは大津と成瀬美津子です。上智大学を思わせる大学の同級生でした。

・・・大津は毎日クルトハイム祈祷所へ通って祈りをささげていました。一方、美津子は資産家の娘で、ボーイフレンドも多く、マンションに住み、何不自由なく暮らしていました。美津子はそんな大津を見てからかいます。

美津子「大津さんあなた毎日クルトハイムに行って祈っているの?」

大津「ええ、まあ」

美津子「あなたそれ本気?」

大津「すみません。信じているかいないか、あまり自信がないのです」

美津子「自信がないのによく跪けるわね」

大津「僕の一家はみなそうだったし、母が熱心な信者だったから、その母に対する執着が残っているのかも・・・。よく説明できないのです」

 美津子は大津の信仰を揶揄し、誘惑し、マンションに誘います・・・。そして大津を捨てました。

 その後大津は神学生になって、4年後フランスのリヨンで学んでいました。そこへ、資産家と結婚した美津子が訪れて、おどおどした大津の顔を見ながら聞きます。

美津子「あなた、あのとき神を捨てたんじゃない。それなのにどうして神学生になったの?」

大津「わかりません。そうなったのです。成瀬さんから捨てられたからこそ、僕は人間から捨てられたあの人の苦しみが少しわかったのです。成瀬さんに捨てられてボロボロになって、行くところもなくどうしようもなくなって、またクルトハイムヘ行ったんです。跪ずいていたとき、僕は聞いたんです。『おいで』という声を。『私はお前と同じように捨てられた。だからお前を決して捨てない』という声を」

美津子「そしてあなたは?」

大津「『行きます』と答えました」

そしてはじめて大津の頬にうれしそうな微笑が浮かんだ。

大津「僕はそれ以後思うんです。神は手品のようになんでも活用なさることを。われわれの弱さや罪も」

 何年かたってベナレス(註1)を訪れた美津子は、偶然貧しい人々の亡骸を火葬場へ運ぶ大津の姿を見たのです・・・。

そして大津は、日本人ツアー客と現地人との争いに巻き込まれて、瀕死の重傷を負います。

担架の上から大津は心の中で自分に向かって言った。

「これで・・・いい。ぼくの人生は・・・・・これでいい」

註1 ガンジス川の水浴で有名なインドヒンズー教の聖地です。

2) 筆者はNHK「こころの時代」で、批評家・随筆家の若松英輔さんとノートルダム清心女子大学教授の山根道公さんとの対話を通して「深い河」が語られているのを視聴しました。お二人の誠実な人柄が印象的でした。山根さんは授業でこの本を取り上げ、学生たち(授業の一環としてミサがあり、キリスト教学に関する科目も多いでしょう)に教えていらっしゃいます。お二人は古くからの知己で、キリスト教の集まり「風の会」のメンバーでした。

「深い河」はとても感動的で、「和服が似合う日本人の信仰とは何か」についての遠藤さんの回答でしょう。

 しかし、筆者がふと我に返ったとき、「これはフィクションではないか!」と思いました。大津は、遠藤さん自身、また一緒にフランスへ留学した井上神父の心情も重ねているでしょう。しかし要するに大津の信仰は遠藤さんの思い込みに過ぎないのです。「キリスト者は、実体験でもない思い込みやフィクションを信仰の拠り所にするのか?」。これが筆者の正直な感想です。

 このことは番組の最後に出てきた、遠藤さんの臨終の場面での夫人順子さんの言葉にも当てはまります。

 ・・・・生命維持装置が外れたと同時に、本当に主人の顔が、今まで見たこともないほど うれしそうな顔になって・・・『おれはもう今 光の中に入ったから安心しろ お袋にも兄貴にも会った。お前にもかならず会えるからな。死は終わりじゃないんだ』・・・。

 とても感動的ですね。しかし筆者は「アッ」と思いました。ビデオを巻き戻して、いくら聞き直しても、これは遠藤さん自身の言葉ではありません。当然です。もう心電図も脳波もフラットになっているのですから。つまり、これは遠藤夫人のたんなる想像・思い込みだったのです。

 筆者は、思い込みやフィクションを信仰の拠り所にすることなど到底できません。キリスト教が日本人になかなか受け入れられないのはこう言うところにもあるのではないかと思います。

 このことは遠藤さんのもう一つの代表作「沈黙」についても言えます。

・・・・ロドリゴ神父に「踏むがいい」という(イエスの)言葉が聞こえてきた・・・・

これは完全に遠藤さんの創作です。遠藤さんのこの小説は、島原の隠れキリシタンの里を取材して書かれたとか。しかし完成後、彼らから「私たちの信仰はもっと強固なものだ」と強い反発を受けました。「沈黙」が映画化されるのに10年もかかったのは、世界のカトリック会から強い抵抗があったため、と筆者は思っています。

 筆者の信仰もキリスト教会から始まりました。その後20年間神道系の教団に属していました。そして禅を本格的に学んで11年になります。その間、数々の霊的体験をし、さらに神秘体験もしました。けっして想像や思い込みの信仰ではないのです。

筆者のブログ「歎異抄の呪縛」について

 読者の方からご意見をいただきました。まとめて筆者の考えをお話させていただきます。

1)秀峰さんのコメント:

 ・・・善人と悪人という判別が、そもそも客観的な合理性があるのか。どこに善人と悪人の境界があるのか。それから、悪いことをしても救われる、のではなく、最初から救われているのだから、悪いことをしてしまっても、それは凡ミスの範囲だ、という解釈はどうでしょう?

筆者のコメント:「善人と悪人という判別に客観的な合理性などあるのか」には筆者も同感です。「平時なら1人でも殺せば大罪であるが、戦争で100人殺せば英雄だ」とはよく言われますね。「悪いことをしても救われる、のではなく、最初から救われているのだから、悪いことをしてもよい・・・」は、「歎異抄」でも「本願誇り」と呼ばれています。親鸞の在世時から、そういう弟子が少なくなかったのでしょう。筆者は、この言葉を素直に解釈して、「悪いことをした人間ほど、その反省から神に近づく」と思います。以前、アーサー・ホーランド牧師 の講演会を聞いたことがあります。映画「親分は牧師様」のモデルです。これらの指定暴力団の幹部はすべて、グレード5の「悪人」だったでしょうから、その生き方を反省して、神に近づくのはむしろ当然のことだと思います。

 問題は、グレード1とか2、つまり、私たちのような「普通の人」が犯す「悪」です。悪口を言ったり、噓をついたり・・・。「善人なをもて・・・」の錯覚は、これら「罪とは言えないような罪」を犯した人々も往生を遂げるか?」です。神仏の前ではやはり罪でしょう。それを深く反省して神仏に向かうか?そんな人は皆無でしょう。ましてや往生できる人などいるはずがありません。ここに「善人なをもて・・・」の勘違いがあると思います。

2)えびすめさんのコメント:

 ・・・歎異抄が特別な意味を持たない仏教界の一部の宗派で独自に出ている書物なら、なぜ今に残っているのでしょうか?浄土真宗内における「訓告・戒告書」で内部だけで読まれる「内々の書籍」なら納得ですね。

筆者のコメント:結論から言いますと、「歎異抄」はおっしゃるように、浄土真宗内における「訓告」だったと思います。今に残っているのは、やはり「善人なを持て往生を遂ぐ。いはんや・・・」のパラドックスが後代の人々にとって印象的だったからでしょう。中には「それなら私も救われるのでは」と思う人もいるのではないでしょうか。しかし、パラドックスはパラドックで、真実ではないと思います。

 「歎異抄」は、親鸞の200年後の蓮如(1415‐1499)が本願寺の書庫で見つけ、驚いて秘蔵してしまったと言われています。多数(22人)の側室を作り、自分の子供たちを有名寺院や、それらの住職に嫁がせ、一大教団を作った人物です。親鸞が「歎異抄」で「私は教団など作らない」と言ったことに反する行為だったからで、とても信者たちには見せられなかったのでしょう。

 法然と親鸞は「ただ南無阿弥陀仏と唱えるだけで極楽往生できる」と言ったのですから、その精神を正しく受け止めて入れば、「本願誇り」などするはずもなく、弟子たちに「訓戒」する必要などなかったはずです。他宗派の人でも「本願誇り」などしてはいけないのは当然ですね。