「未分類」カテゴリーアーカイブ

インパール作戦の責任(1)

 筆者がこのブログシリーズで、多くの仏教研究家の言説を批判するものですから、ある読者から「解釈は人さまざまです」と言われました。筆者は、これまでの日本の僧侶や仏教研究家の仏教に関する誤った解釈があまりにも多いことを知り、あえて批判のブログを書き続けています。今回の話題は、禅とも仏教とも関連はありませんが、筆者がモノゴトを見る視点の例として御理解いただきたいと、掲載させていただきます。

 筆者は二十年来、あの無謀で悲惨な太平洋戦争はなぜ引き起こされたかについて、多くの資料に当たり、筆者なりに真剣に考えてきました。なにか今でも続く日本人の体質があるのではと考えたからです。太平洋戦争の兵士の死者250万人・一般人80万人。その内、戦死の原因の7割が、餓死または極度の栄養不良による疫病死という悲劇だったのです。

 インパール作戦(1944/3-1945/2)は、動員兵力9万人の内、じつに3万人が戦闘以外の餓死や疫病死によって亡くなり、「史上最も愚劣な作戦」と言われています。この作戦については、戦後、かろうじて生き残った兵士など、ごく一部の人しか知りませんでした。それを世に知らしめたのは、当時陸軍報道班員としてビルマにいた高木俊朗さんです。高木さんはビルマで戦争の悲惨さ以上に、軍中枢の無責任や腐敗・傲慢を実感し、「これでは多数の無惨な戦死者が浮かばれない」との思いから詳細な告発記録を世に出しました(「インパール」「抗命」「憤死」「戦死」「全滅」すべて文春文庫にあります。)最近では、NHKの特別チームが精力的な取材を行い、NHKスペシャル「戦慄の記録インパール」を放映する一方、書物としてもまとめ、2018年岩波書店から出版しました)。

 以下は、戦後イギリス軍の調査(註1)に応じて語った、ビルマ方面軍の河辺正三司令官と、その下部機構である第十五軍司令官牟田口廉也中将との会話の記録です。この会話が行われた6月5日は、すでに戦局が絶望的になったばかりか、いよいよ恐ろしい雨季が始まった時期です(註2)。

 河辺は、作戦続行か否か、いよいよ判断を下さな良ければならないと考えていた。6月5日、前線近くの牟田口司令官を訪れ、二人だけで話し合った。しかし、中止の是非については一切触れなかった。2人は戦後のイギリス側の尋問(上記)に、

牟田口:「私は河辺司令官に対して、作戦が成功するかどうかは疑わしいと包み隠さず報告したいという突然の衝動を覚えたが、私の良識がそのような重大な報告をしようとする私自身を制止した・・・。

河辺:「私は作戦の成功の可能性について牟田口司令官の本当の気持ちと見解を知りたいと思っていた。牟田口司令官は悲観的な報告は一切しなかったが、彼の引き締まった表情と間接的な増援の要求から。この作戦の成功に対する彼の深い懸念を知った。それ故に私も同じ懸念を持ったが、私たちはお互いにそれを伝えず、バレル方面での膠着状態を打破して作戦の成功へ向かうために必死に努力するよう励まし合った。なぜなら、任された任務の遂行が軍の絶対原理だった(以下略)。

筆者のコメント:いかがでしょうか。牟田口と河辺のこの会話の裏には、唾棄すべき彼らの体質があったのです。「良識が私自身を阻止した」などと、よく言えたものです。たんに出世欲です。当時の軍人にとって「作戦を中止した人間」との烙印は、昇進に重要なマイナス点になるのです。それゆえ、「中止」を決して自分からは言わずに、「相手に言わせたかった」のです。いくら牟田口が「良識」などと言葉をすり替えようと、見え見えなのです。本気で良識などと考えていたとしたら牟田口の精神が疑われるでしょう。

註1 戦後イギリス軍によりこの作戦に関与が深かった17人の日本人指導者に尋問をした。その調書はロンドンの帝国戦争博物館に保存。

註2 大本営によってこの作戦が正式に中止されたのは7月1日で、この一か月の遅れこそ、本作戦が「戦慄すべきもの」になった最大の要因と考えられます:筆者。

高橋祥子さん 生命科学による不安の解消

生命科学的思考で不安と向き合う

 NHKの「視点・論点」でバイオベンチャー企業ジーンクエスト代表の高橋祥子さん(1986-)が話していました。遺伝子解析によって親子関係や出生前診断をするビジネスです。著書「生命科学的思考」(NEWS PICKS)など。今回の「視点・論点」の表題が「不安についての新しい視点」でしたので、視聴しました。

 高橋さんの論点は「すべての生物が個体として生き残り、種として繁栄するために行動する。それゆえ不安は、生命を脅かすものから逃避する正しい感情である」というものです。そういう生命としての客観的原則を知り、自分はどうしたいか、主観的な意思を生かす・・・これが生命科学的思考である。不安という感情は遺伝子が正しく機能していることの証拠である。危機に備え、危機を察知していく、そのための守りの機能の一つである。私(高橋さん)も起業する時不安を感じましたが、それを遺伝子の機能によって不安を感じているだけだと考えることができた。

 しかし、不安には対策できる不安と、対策できない不安に分けられる。対策できる不安については、事前に準備して対処できる。たとえばコロナ禍ではマスクや手洗いなど、自分でできる対策である。一方、漠然とした不安(対策できない不安)は、生命の性質によるものであり、行動では対処できない。それには蓋をして考えないでおく・・・。

しかし、すべての感情を客観視する必要はない。うれしいことや楽しいことは、遺伝子が機能していることを忘れて心の底から楽しもう。辛事(つらいこと)は理(論的に解消し)、幸事(たのしさ)(感)情でもって処す(楽しむ)・・・と言っています。

筆者のコメント:高橋さんは「生命科学的に見た〇〇」を独自の見かたとしたいようです。その一つが「ビジネス」であり、今度の「不安に向き合う思考」もその一つです。たしかに新しい視点ですね。しかし、視聴して「?」と思いました。まず、「不安は生命を脅かすものから逃避する(人間の)遺伝情報に基ずく正しい感情である」は、たしかに人間を含む動物に当てはまります。筆者は、分子生物学よりもう少しグローバルな視野で見る生命科学の研究をし、神経科学、ことに不安や、それが病的になったうつ病についての研究をし、講義やカウンセラーもしていました。その経験から言いますとと、人間の不安は本能的なものよりも、高橋さんの言う対策できない不安の方が厄介で、そこが問題なのです。高橋さんの言うような「それには蓋をして考えないようにする」では、なんの解決にもなりません。つまり、高橋さんの論説は、ほとんど意味をなさないのです。

立花隆さん「死後の世界」(4)

 意識とは何か

 意識とは「私であることの自覚」です。喜びも悲しみも、そして「バカにされた」と感じるのも意識あってのことでしょう。動物にも部分的にはあるようです。長年「人間の意識をつかさどるのは脳のどの部分か」の追及が行われましたが、結局特定できませんでした。

 ウスコンシン大学ジュリオ・トノーニ教授は、睡眠時と覚醒時の脳の活動の差を調べたところ、眠っている時になくて、起きている時にあった脳の神経活動は、情報と情報をつなぐ「つながり」だったとか。「嬉しい(感情)、まぶしい(感覚)、誕生日(記憶)、食べる(行動)などのつながりであり、これらを線でつないでいくと蜘蛛の巣のようになった。生物が進化していくと複雑性が増す。その複雑性がある限度を越えると意識が生まれる。犬や猫にも意識がある。鳥や昆虫になるとそのレベルが小さくなっていく・・・単細胞にも意識がありうることになる」と言っています(註3この考えは、実験事実から大きく飛躍した「観念」にすぎないと思います:筆者)。

 一方、意識には顕在意識と、神につながる「魂」の意識があるという考えもあります。ふだんは顕在意識が主ですが、「創造的活動をするときに「パッ」とひらめくのは、魂(そして神)とつながったため」だと言うのです。筆者もこの考えですが、立花さんの言う「信念」かもしれませんね。「モーツアルトの音楽は神のメッセージである」とはあの小澤征爾さんの言葉です。

 体外離脱

 立花さんはさらに「体外離脱」は、「魂」が肉体から離れたのではなく、肉体感覚の錯覚であることを、自らを被検者にして体感しています。すなわち、脳に微弱な電流を流すと錯覚を起こしやすくなると言うのです。

 その場面を視聴して筆者は、子供の時の遊びを思い出しました。

 ・・・手のひら同志を合わせて両手の指を組み、くるりと反転させます。別の人が「この指動かしてごらん」と言っても、自分の思いどうりの指を動かすことができない・・・。つまり、意識と肉体感覚が解離してしまうのですね。体外離脱はそれなのかもしれません。

まとめ

 立花さんが詳細な聞き取りによって、「臨死体験は、人間の霊魂が体から離れ、死後の世界を垣間見たとか、大いなる存在(神)に出会ったのではなく、脳の神経活動であること、体外離脱が、意識と肉体感覚が離れてしまったため起こることを立証したのは(正確には、それを明らかにした研究者の成果を紹介したのですが)、すばらしいと思います。それらの研究はさらに重ねなければなりませんが、現時点でも十分に説得力のある科学的証拠になります。立花さんが「科学的・哲学的無宗教だ」というのもよくわかりますね。立花さんは「死後の世界が存在するかどうかは、僕にとっては解決済みの議論だ」と言っています。ここが霊魂が存在することを何度も体感した筆者とは、決定的な違いです。

立花隆さん「死後の世界」(3)

  立花さんは「死後の世界があるかどうかはわからない」と言っています。ここが立花さんと筆者の決定的な差です。霊的体験をしたことのない立花さんとしては正しい判断だと思いますが、その限りにおいてのみ「死後の世界の問題は解決済みだ」は正しいのにすぎません。

 前記の、ケンタッキー大学ネルソン教授は、「臨死体験とは死の間際に脳が起こす『夢』のようなもの」であることを明らかにしたと言います。しかし、「末期の脳腫瘍を患う彼の妻(敬虔なカトリック信者)の信仰を変えたり、壊すものではない」「科学者に言えるのは、どのようにして神秘的な感覚が生じるかだけだ。なぜそのようなことが起きるのかは個々人の信念にゆだねるしかない」と言っています。立花さんは「個々人の情念の世界の問題だ」と言っています。しかし、これは論理のすり替えです。霊的体験をしたことのない立花さんとしては、「わからない」に留めておくのが正しい態度でしょう。「真実は一つ」です。

 筆者がイヤと言うほど霊的体験をしたことは、このブログシリーズで何度もお話しました。「霊」というものが存在することはまちがいない、と生命科学の研究者である筆者が言うのです。ただ、それらが死後の「世界」があることの証拠かどうかはわかりません。

それゆえ、立花さんが言った「語りえぬものについては沈黙せねばならぬ」から、筆者がブレイクスルーしたのは明らかです。筆者の「霊的体験」は、多くの人の霊的体験のように、「科学的に証明できない」とか、「第三者が再現できない」と批判されるでしょう。しかし、個人的体験であろうと事実は事実です。そう思うのが本当の科学的態度です。「しかし、地球は回っている」のです。

 臨死体験については、筆者はわかりません。立花さんが紹介していた脳神経外科医のエベン・アレクサンダー博士(1953-)の著書は筆者も読みました。自分の臨死体験をもとに「死後の世界はある。神と遭遇した」と、各地で講演活動を行い、熱狂的に迎えられた人です(「プルーフ・オブ・ヘヴン―脳神経外科医が見た死後の世界ハヤカワ・ノンフィクション文庫)。ただ、立花さんが喝破したように、やはりアレクサンダーさんの臨死体験は脳内の出来事のように思われます。

 立花さんが強く批判した元東京大学病院救命救急センターの矢作教授と、江原啓之さんの対談は筆者も読みました。江原さんが多くの霊的体験を持つことはよく知られている通りでしょう。それに対し、矢作さんは、そのような体験は皆無のようです。ただ、命が旦夕に迫った患者の「お迎え現象(註2)をよく見た」に過ぎないようです。立花さんに痛烈に批判されても仕方がないでしょう。

註2死が近づいたころ患者が見る「母がすぐそこに座っていた」というような幻影。

立花隆さん「死後の世界」(2)

 臨死体験というものがあります。事故や病気で死に瀕した人が、意識を取り戻した後に語る不思議な視覚体験です。「まず、体外離脱し、そのまま心はトンネルを抜けてまばゆい光に包まれた世界へ移動し、美しい花畑で亡くなった家族や友人に出会ったりして、限りなく愛に満たされた感じがする。そして超越的な存在(神)に出会う・・・」。多くの臨死体験者が共通して口にする物語です。よく言われているのが、「臨死体験こそ、人には肉体の他に霊魂があり、死ぬと肉体から離れて死後の世界に入り、神と出会うことの証拠だ」という解釈です。

 立花さんが、どのような根拠で「死はそれほどこわくなくなった」と考えるようになったか。

 まず、動物(ネズミ)は、心臓が止まっても数十秒間は脳波が消えない」という、ミシガン大学のジモ・ボルジガン博士の研究成果があります。それまでは、心臓が停止すると数秒間で脳波が止まると考えられていたからです。そして、ボルジガン博士によって死の間際にネズミの脳の中でセロトニンという幸福感を感じさせる神経伝達物質が大量に放出されることが明らかにされました。この幸福感が、臨死体験で起こる「愛に満たされた感じ」の原因だと言うのです。

 つぎにケンタッキー大学のケヴィン・ネルソン教授の研究があります。ネルソン教授はさまざまな研究をもとに、脳の奥深くにある大脳周縁系が、死の直前、人間に白日夢のような神秘体験をさせることを突き止めました(註1)。ネルソン教授は、夫人の療養先であるカナダのプリンスエドワード島(赤毛のアンの島)に住んでいます。そこまで訪ねて、行ったのですから立花さんはすごいですね。

註1 筆者の現役時代でしたら、ネルソン博士の原著論文を読んで解析することができたでしょうが、今はそれが困難になりましたので、ここでは立花さんの言葉をそのまま受け入れます。

 これらを総合して立花さんは「臨死体験は、魂があの世に行ったのではなく、脳内の現象であり、人間は、死の間際に幸福感に包まれるような体験をする本能を持っているのではないか」と考えました。

 死後の世界が存在するかどうか・・・

 立花さんは「それは僕にとっては解決済みの議論だ」と言っています。その意味は、「死後の世界が存在するかどうかは、個々人の情念の世界の問題であって、論理的に考えて正しい答えを出そうとするかどうかの問題ではない」と言うのです。立花さんが哲学科で学んだことの中で一番大きな影響を受けたヴィトゲンシュタインの言葉「語りえぬものについては沈黙せねばならぬ(註2)」を引用しています(註2ブッダも「輪廻があるかどうか、わからないことなど考えるな」と言っています)。