カテゴリー別アーカイブ: 未分類

釈迦仏教の変化

 NHK「心の時代 禅の知恵に学ぶ」で、岐阜県美濃加茂市臨済宗正眼寺での僧たちの真摯な修行生活が紹介されていました。その中で山川宗玄師が、典座が食事の支度をする厨房に祀られている韋駄天のお話をされていました。

 ・・・韋駄天はもともとインドのヒンドゥー教の神様であり、お釈迦様がそれを取り入れられた・・・

と。しかしそれは誤りです。私たちはインド=仏教と考えがちですがじつはインドでは古来、多くの国民がヒンドゥー教を信仰しているのです。起源をヴェーダ信仰に持ち、バラモン教として受け継がれ、さらにヒンドゥー教となったのです。成立したのは釈迦より千年も前のことです。すなわち、インドの古くからの民族宗教であり、業(カルマ)や輪廻の思想、さらに最高神ブラフマンと個我(アートマン)との一体化を理想にします。釈迦仏教はヒンドゥー教に対するアンチテーゼ(対立命題)として成立しましたから、当然これらの思想に対して否定的でした。ヒンドゥー教の神々を受け入れるはずがありません。釈迦の教えはその後大いに発展しましたが、インドでは輪廻転生の民俗信仰や、ヒンドゥー教に従ったカーストの身分制度が根強く(現代でも)、仏教は徐々に圧迫されていったのです。

 そこで仏教は何とか勢力を盛り返そうと、ヒンドゥー教の神々を取り入れて、民衆の気持ちに合わせようとしたのです。その神々こそ、韋駄天や多聞天、毘沙門天、持国天、弁財天など「天」の付く神々なのです。そういった改革の努力にもかかわらず、紀元4-5世紀には仏教はインドから駆逐されてしまいました。その後はスリランカやタイなどの、いわゆる南伝仏教、西域や中国、そして朝鮮や日本などへ伝わった北伝仏教となって現在に伝わったのです。達磨大師がインドからはるばる中国へ来たのは、インドで衰退した仏教を広める新天地を求めてのことだったのでしょう。禅は後期仏教(大乗仏教ですね)の一つですから、ヒンドゥー教の神々も取り入れたのだと思います。

 これで、釈迦が韋駄天や多聞天、毘沙門天を取り入れるはずはないことがおわかりただけるでしょう。「細かいこと」と言わないでください。こういう仏教のとらえ方はとても大切だと、筆者は思っています。

 こういう例はよくあることで、以前にもお話しましたが、日本では仏教が古来の山岳神道と一緒になった金峯山寺(吉野)や、熊野の那智大社がそうです。とくに後者は、神宮寺として青岸渡寺があり、その副住職は山伏と、もうムチャクチャで(筆者の個人的感想です)、唖然とするばかりです。

達磨安心

 「中野さんのブログは他人に対する批判が多いですね」と言われました。熱心に読んでいただいている人ですから、もちろん好意的な発言です。筆者の回答は「比較しなければ初学の人にはわかっていただけないから」です。そこで今回は併記の方法を取ります。

「無門関(註1)」第四十一則達磨安心

 達磨面壁す。二祖(註2)雪に立つ。臂(ひじ)を断って云く、

「弟子は心未だ安からず。乞う、師安心せしめよ」。

磨云く、「心を将(も)ち来れ、汝が為に安んぜん」。

祖云く、「心を覓(もとむ)むるに了(つい)に不可得なり」。

磨云く、「汝が為に安心し覓(おわ)んぬ」。

筆者訳:達磨は日々面壁坐禅をしていた。(後の)二祖は入門を乞うために雪中に立ち、自ら臂を切断し、達磨に差し出して言った。「私は、心が未だ不安です。どうか私のために安心させてください」と。すると達磨は、「それではおまえさんの心をここへ持ってきなさい。安心させてあげるから」と答えた。

註1 無門慧開(南宋時代1183-1260)によって編纂された公案集。

註2 俗名神光。後に入室を認められて二祖慧可となった(487-593)。

 以下は千葉県曹洞宗西光寺無玄邦光師のブログです(詳しくは直接お読みください)。

 ・・・「安心」とは、言うまでもなく「悟り」によって得られる一切の迷いから解放された大自由の心、これを「安心」というのです。この公案の狙いはその「安心」の”実体”を悟ることにあるのです。さて、ではこの公案はどう看ればよいのでしょう。達磨が「その”心”をここに持って来い」と言ったのに対して、二祖が「心不可得」(心が見付けられませんでした)と言いました。その「心不得」の一言にこの公案の答えが秘められています。では、その一言をどう解釈すればよいのでしょう。「心不可得」を単に言葉の意味の上から理解しようとしてもまったくダメです。公案はすべてそうですが言葉に囚われないことです。一切の分別と理屈を超えたところの”もの”を見付けるのです。その「もの」とは、「心不可得」という言葉”そのもの”です。「言葉そのもの」とは、その言葉自体の「実体」を意味します。”そこ”が分かるかどうかが勝負です。分別や理屈で考えていたのでは公案は絶対に分かりません。ではその「心不可得」”そのもの”の「実体」とは一体何でしょう。それは「無心」です。無心とは心が無いと書きますが、文字通り「心」を無くした境地のことです。「心不可得」(心が得られません)と一心に成りきって言葉に出して言うとき、言葉の意味を考えながら言う人はいません。
言っている瞬間は「無心」の筈です。”そこ”です。「そこ」に答えがあるのです・・・

筆者の解釈:要するに無玄師はこの公案を「無心」に結び付けたかったのでしょう。つまり、・・・「心不可得」という一言を慧可は「無心」で言った。その「無心」こそ「心の実体」だ・・・と。しかし、筆者そうは思いません。もしそうなら、達磨大師が「それではおまえさんの心をここへ持ってきなさい。安心させてあげるから」と言うはずがありません。前後関係が逆です。じつは慧可は、「心をここへ持ってきなさい」と言われて「ハッ」と気付いたのです。いままで、「心、心」と頭で考えていただけだったのを、初めて自分の「心そのもの」に気づいたのです。第一、「心不可得」と言ったのは一瞬ですから、「無心」なにもあるはずがありません。無玄師もそこが気になったので、後で「心不可得」(心が得られませーん)←無心で特に大声で」と付け加えざるを得なかったのでしょう(太字筆者)。いかがでしょうか。

現成公案とは「空」の概念

 NHK「心の時代・禅の知恵に学ぶ」で、山川宗玄師(岐阜県美濃加茂市正眼寺師家)は「人間が生きて行く上では常に課題(公案)が生じる(現成)。それを解決していくのが人生の修行だ。それを現状公案と言う」とおっしゃっています。ちなみに、「大辞林」第三版の解説では、

 ・・・現実に完成している公案。真理は常にすべての存在の上に、ありのままにはっきりとあらわれているということ・・・

とあります。一方、ある人は「正法眼蔵・現状公案」の意味を、・・・現象界のすべてが活きた仏道だ・・・と解説しています。

 別の人は、・・・「正法眼蔵」の数多の巻のなかでも、この現成公案の巻は最重要の部類に含まれるものと考えて相違ないと考える。75巻本の首巻となっているのも、もちろん偶然ではないはず。現成公案とは、ずばり「悟りの実現」を意味する言葉であり、この巻で著述されている内容は、仏法の根幹である「悟り」をテーマとしている。「現成」は「現成正覚」の略で、より本意に近い訳を当てるとすれば、悟りとは目の前に実現されている、というほどの意味となるだろうか・・・と言っています。

 ことほどさように解釈はさまざまですね。

 以前お話したように、筆者も「現状公案編」は「正法眼蔵」のハイライトと考えています。そして、現状公案の意味を、「すべてのものはあるべきようにある(公案)、しかし見て(聞いて・・・)初めて現れる」・・・つまり、「空」の概念を言っているのだと解釈しています。山川師の解釈とまったく異なりますね。山川師は「公案」の意味を「修行僧が無意識のうちに持っている固定観念を壊すための課題」と、ふつうの意味でとらえていらっしゃいます。現成公案は、明らかに道元の「正法眼蔵」の言葉に由来していますから、一般的な意味で考えてはいけないと思います。一方、「大辞林」の解説と一部は筆者の考えと同じですが、肝心の「現成」の意味が異なります。筆者の解釈は、道元「正法眼蔵・現成公案編」の一節、

 ・・・たき木(薪)、はひ(灰)となる、さらにかへりてたき木となるべきにあらず。しかあるを、灰はのち、薪はさきと見取すべからず。しるべし、薪は薪の法位に住して、先あり後あり。前後ありといへども、前後際断せり。 灰は灰の法位にありて、後あり先あり。かのたき木、灰となりぬるのち、さらに薪とならざるがごとく、人の死ぬるのち、さらに生とならず。しかあるを、生の死になるといはざるは、仏法のさだまれるならひ(習い)なり。このゆゑに不生といふ。 死の生にならざる、法輪のさだまれる仏転なり。このゆゑに不滅といふ。生も一時のくらゐ(位)なり、死も一時のくらゐなり。たとへば、冬と春のごとし。冬の春となるとおも(思)はず、春の夏となるとい(言)はぬなり・・・

をよく説明できます。すなわち、道元は「薪が(燃えて)灰になるというふうに、モノゴトを『流れ』として見てはいけない。見るという一瞬の体験こそ真実の姿をとらえているのだ」と言っているのですから、筆者の解釈が正しいことがおわかりいただけるのではないでしょうか。

金縛りは睡眠まひ?

 以下はNHK Eテレの人気番組「又吉直樹のヘウレーカ!」(水曜22時~)で放映されたものです(書籍化したものは「又吉直樹のヘウレーカ!何気なく感じるフシギを解き明かす」扶桑社)。お笑い芸人で作家の又吉直樹さんはよく金縛りにあうそうで、ライブで幽霊の悪口を言ったその晩に金縛りにあったことも。「霊のしわざでは?」という悩みに対し、脳科学者の上田泰己さん(東京大学医学系研究科教授)が科学的”に解明しています。お二人のやり取りは以下の通りです。

又吉:睡眠と金縛りとどういう関係があるんですか? 上田:頭の状態っていろんな状態があるんですが、おもには「覚醒(かくせい)」「ノンレム睡眠」「レム睡眠」の3種類があります。  そのうち不思議な状態にあるのが「レム睡眠」で、脳は覚醒の状態に近く、筋肉はノンレム睡眠の状態に近い。体が寝ているのに頭は起きているような、それがレム睡眠なんですね。

又吉:夢を見るのもレム睡眠中って言いますね。

上田:夢では、いろんな突拍子もないことが起こりますよね。レム睡眠中は体をあえて動かさないよう、脳からブレーキをかける指令が出ていると言われているんです。なので、そのときにたまたま起きてしまうと、脳からブレーキがかかっているので体は動けない。 又吉:はい。

上田:金縛りというのは、レム睡眠中にたまたま目が覚めてしまったという状況で、体はまだ起ききっていない“睡眠まひ”と呼ばれるような状態だと言われているんです。頭と体の不一致みたいなことが起きているだけなんです・・・

筆者の感想:ネットで調べても必ずこういう「回答」が載っています。しかし筆者はその回答はかなずしも正しくないと思っています。すなわち、霊的な現象もあると思うのです。 まず、霊的現象についてのフランスの哲学者H.ベルグソン(1859-1941)と日本の思想家小林秀雄さんの考えをお聞きください(これについては以前当ブログでご紹介しましたので内容についてはそちらをお読みください)。要するにベルグソンや小林さんは予知夢を例として、「すべてが間違っていると考えるのは正しくない。中には本物もある」と言っているのです。上田さんのような脳科学者には、金縛りを“睡眠まひ”として解釈している人が多いのでしょうが、そう結論するには重大な問題があるのです。上田さんの研究には方法論上の決定的な欠陥があるのです。脳波などを測定してそう判断しているのでしょう。しかし、1)金縛りが起こっている時に検査しているかどうか、次に2)被検例がどれほどあるかが問題なのです。金縛りはまったく偶発的なものですから、いつ起こるかわかりません。被検者は「今起こっている」と言うこともできません。そのため、少なくとも2週間は毎晩脳波を取り、あとで「金縛りが起こったかどうか」を確認し、起こっていなかった時の脳波と比較しなければなりません。上田さんがそれを実践した上での判断かどうかが問題なのです。さらに、たとえ99例が“睡眠まひ”と判断されようと、残り1件が霊的現象であるかもしれないのです。つまり、10例や20例の被検者について調べても、ほとんど無意味なのです。これで、実験科学者であった筆者が、「上田さんたち脳科学者の研究には決定的な瑕疵がある」と言ったわけがおわかりいただけると思います。

 筆者は、金縛り現象を2回経験しています。ある時期に続けて起こりました。明らかに霊的現象と思われるものです。それについて詳しくお話することは止めます。実りのない感情的な反論が出るだけでしょうから。

無と空(森正弘さん)

 森正弘さん(1927- 東京工業大学名誉教授・名古屋大学工学部卒)はロボット工学者。ロボットコンテストの創案者。臨済宗の師家について30年来指導を受け座禅を続けた。「仏教新論」佼成出版社・「今を生きて行く力『六波羅蜜』」教育評論社・「親子のための仏教入門ー我慢が楽しくなる技術」幻冬舎〈幻冬舎新書〉など仏教関係の著作も多い。筆者と同じ大学の出身ということもあり、「非まじめのすすめ : ゴミを砂金にする発想」(講談社)など、古くからの愛読者です。

 NHK「心の時代・二つを一つにする」では仏教の「価値の三性の理」に基づきお話をしていました。「三性の理」とは、人の性には善性、悪性、および善でも悪でもない中性の無記(むき)の3種の性があるという考えです。森さんは、「善人と悪人とを対立して考えるべきではなく、価値判断をしない無記という性質がある。たとえば昔、説教強盗という者がいた。強盗に入って家人を縛り付けたのち、『こんな戸締りではダメだ』と説教した犯人です。逮捕された後、専門的知識(?)生かして各地を講演して回った(註1)。このように、一人の人間の中に善と悪がある。よく善悪は表裏とか、人間の性は善が70%、悪が30%という人がいるが、そうではなく、善悪が融合している。それが本性だ」と言っています。そしてそれを「二元対立論的一原論」と名付けています。森さんはさらに「言葉で言うと対立になる。無記とは仏法(真理)であり、言葉では言えないもの、それを仏教ではとかと言う」とおっしゃっています。さらに、「知識を増やす、複雑化する、言葉が大切などの、現在養われている陽の頭と、今後絶対に必要な、観察力や直観力を養う、単純化が重要、体験が大切などの陰の頭の二つを合わせた向こうに、いま有名な般若心経の般若の知恵がある。それはこの放送で解説できるような簡単なものではない」と。

 しかし、これの解釈は間違っていると思います。第一に、無と空とはまったく別の概念です。それだけでも森さんの解釈は正しくないことは明らかです。それがわからなければ「般若心経」はわかるはずがありません。「般若心経」は「色」と「空」が不一不異であること、つまり「色即是空・空即是色」が中心テーマだからです。筆者による「般若心経」の解釈はすでにお話しました(「禅をただしくわかりやすく」パレード社をご参照ください)。森さんは「無とか空は言葉では言えないもの」とおっしゃっていますが、筆者は「空」の解釈についても何度もこのブログシリーズで言葉でお話しています。キリスト教では「はじめに言葉ありき」と言います。それには深い意味があるのです。「神が光あれとおっしゃったら光ができた」の言葉の通りなのです。真理は言葉なのです。宇宙原理が言葉で表現できないはずがありません。第一、無記とは、「言葉で言い表せない」ではなくて、「釈迦がある問いに対して、回答・言及を避けたこと」を言うのです。

 また、森さんが言う陽の頭・陰の頭とは、いわゆる左脳と右脳のことでしょう。別に目新しい考えではありません。ちゃんとした人ならだれでも両方使っているはずです。さらにそれを般若の知恵と言うのは飛躍があり過ぎです。

 加えて、森さんは「学生たちが夢中になってロボットを作っている状態は三味(ざんまい)だ」と言っていますが、禅で言う三味の真の意味は別なのです。三昧とは、深い瞑想のことであり、頭は働かせていない状態です。脳波の形が全然違うのです。

 前記のように、森さんは30年来、臨済宗の師家の指導を受け、座禅も続けてきたそうですが、30年やろうと40年やろうと同じなのです。禅はわかったか、わからないかの世界と言われるのはこのことです。

註1大正末年から昭和4まで東京市(当時)で強盗・強姦の犯行を重ね、立ち去り際に被害者に防犯の注意をした。服役後は自らの体験を元に各地で防犯講演を行った。