カテゴリー別アーカイブ: 未分類

「空」がわからなければ禅はわからない(1)


無門関第6則「世尊拈華」

本則

世尊、昔、霊山会上(りょうぜんえじょう)に在って花を拈じて衆に示す。

是の時、衆皆な黙然たり。

唯だ迦葉(かしょう)尊者のみ 破顔微笑(はがんみしょう)す。

世尊云く、「吾に正法眼蔵、涅槃妙心、実相無相、微妙(みみょう)の法門有り。 不立文字、教外別伝、 摩訶迦葉に付嘱す」。

(和訳)ブッダが、昔、霊鷲山で説法された時、一本の花を手に持って(拈華)大衆に示した。 この時、大衆は皆な黙っているだけであった。 ただ、迦葉尊者一人だけがニッコリと笑った。 この時ブッダは云った、「私にはモノゴトを正しく見る眼、安らぎの悟りの心とはなにかの精妙な法を理解している。それは文字に表わすこともできないし、 経典にも書けないものである。これを、摩訶迦葉にゆだねよう」。

筆者のコメント:重要な公案の一つですね。山川宗玄師の提唱(解説)は、

・・・「不立文字、教外別伝、つまり、表現しようにも表現できない、伝えようにも伝えられない法をお前に伝えるぞ」とは矛盾した話です・・・私は和歌山県由良の興国寺の住職をしていました・・・その仏殿の本尊がお釈迦様です・・・その像は少し変わっておりまして、右手に花を掲げた如来像です・・・この世尊拈華の話を何度もお参りの方々にしました。しかしこの話をする度にある疑問がだんだん大きくなっていったのです。なぜ迦葉尊者はなぜ破顔したのか・・・ただ肯くだけでもよかったのです・・・ある時、仏殿の花を活け替えていました・・・そのとたんに「アッなるほどなあ」・・・なぜ迦葉尊者は破顔微笑されたのか。理由は簡単でした・・・花が咲くの「咲く」という字は他に「わらう」と読めるんです。仏陀が掲げた花は咲いていました。花は笑っていた。だから迦葉尊者はそれを見てにっこりと笑われた。仏陀もそのとたんににっこりされたのだ・・・これが不伝の法です(「無門関の教え―アメリカで禅を説く」淡交社)・・・です(山川師の原文は長いので、筆者の責任において一部省略しました)。

筆者のコメント:これでは何のことかわかりませんね。以前にもこの公案についてお話しましたが、この公案は「」の思想を表しているのです(詳しくは以前のブログをお読みください)。「空」がわからなければ、この「世尊拈華」エピソードの真の意味はわからないのです。「空」がわからなければ禅はわからないのです。

 山川師も、・・・この内容は実はお釈迦様がお説きになったと言われている「大蔵経」にはございません。中国で作られたと言われている「大梵天王問仏決疑経」の中に載っております・・・と言っていらっしゃいますが、それだけでは不十分なのです。なぜなら、この経典は偽経だからです。おそらく「世尊拈華」のエピソードは禅宗の誰かが創作したのだと思います。

サヘルローズさんもっと幸せに

 「戦場から女優へ」(文芸春秋)の著者経歴欄などによると、イラン出身。11人家族の極貧の家庭で、本名も生年月日もわからないとか。1988年、イラン・イラク戦争の空爆により、住んでいた400人の村が全滅。4歳のサヘルさんがただ一人、空爆により、ボランテイアの女子大学生より奇跡的に救出された。もうあきらめかけていた4日後、がれきの中から手だけが出ていたそうです。人形かと思ってさわってみると暖かかった。その後、規則により孤児院に。後にこの女学生フローラさんに養女として引き取られました。フローラさんはイランでも指折りの資産家の長女だったが、サヘルさんを養女にしたため両親から勘当されました。ちなみにサヘルという名前はフローラさんの母によって付けられ、「静か」という意味だとか。1993年、日本で働くフローラさんの婚約者を頼り、二人で来日。しかし、飛行機を見送りに来てくれたフローラさんの親族は誰もいなかったとか。日本についてみると、「連れ子」の存在と、婚約者がすでに別の女性と関係があったことがわかり離別。それにより、公園でのホームレス生活(2週間)。それを知った小学校の給食おばさんに助けられた。小学校時代の校長から日本語を学んだと。すぐに上達し、今でも日本語がうまく話せないフローラさんの買い物の手助けをすると言います。それ中学に入ってもクラスメートからのひどいいじめを受ける。

 日本でのこの母娘の極貧生活は信じられないほどで、母のフローラさんはツナ缶1つを2日に分けて食べるのがすべてだったと言います。このお母さんが素晴らしいですね。イランにそのままいれば資産家の娘として大学院へ進み、その後キャリアーウーマンとして、いくらでも華やかで豊かな生活が待っていたでしょうに。サヘルさんのためだけの、しかも極貧の人生を送ってきた人です。

 筆者はサヘルさんのことをNHK「探検バクモン」で見て知りましたが、上記の経歴からは想像もできないほど明るく、快活な性格ですね。中学在学中より、家計を支えるため芸能界へ。芸能界からのオファーと言っても、最初は死体の役ばかり。「イラン生まれ」への偏見からテロリスト役もこなしたと言います。しかし、その時のサヘルさんの心構えが素晴らしいです。「悔しかった。でもどんな仕事にも手を抜かなかった」。それがやがてテレビ、映画、舞台など幅広い活躍へとつながっていったのです。

 近年、日本では大災害が続き、大切な家族を失ったり、住む場所から生活の基盤さえ失った人たちがたくさんいます。しかし、サヘルさん親子のような過酷な経験をした人たちは少ないでしょう。あの明るい人柄を見ると勇気が出ますね。

 初の詩集「あなたと、わたし」(日本写真企画)より、

・・・生まれてきて、よかった。

と、ワタシはいう。

生まれてこなければ、よかった。

と、ワタシがいった。

生まれるってなに?

生まれてくるって、なに?

同じ地球人だけど、

命の層が違うみたい、この時代は。

・・・神さまっているの?

いないでしょう。

本当に神さまがいたら

貧困も戦争も起こす?

神さまが本当にいたら

見捨てたりしない。

神さまが本当にいるのなら

どうして罪のない人が苦しむの?

神さまはずっと助けてくれない。

だからね

わたし知ってるよ、

神さまが、いないってこと。

 ・・・足元をみて、

落ちた涙の跡には、

花が咲くの。

悔しいことは栄養の源。

どんどん、泣こう。

・・・あなた自身を愛してほしい。

無門関第二十二則「迦葉刹竿」

本則

迦葉 (かしょう)、因(ちな)みに阿難 (あなん)問うて云わく、「世尊、金襴の袈裟の外、別に何物をか添う」。迦葉、喚んで云わく、「阿難!」。阿難応諾す。迦葉云わく「門前の刹竿、倒却せよ」。

筆者訳:

阿難(アーナンダ 註1)が迦葉(カショウ 註2)に質問した。「世尊は金襴の袈裟(註3)の外に、何か貴方にお伝えなさりましたか。迦葉はその場で、「阿難!」と呼んだ。 阿難は「はい」と答えた。迦葉は「では門前の旗(今日説法があるという知らせ)を下ろしてくれ」と言った(つまり「説法は終わった」)。

註1 ブッダの従兄弟と言われています。この迦葉とのやり取りで第3代として認められました。

註2 やはり仏陀の従兄弟。ブッタの法を伝える人と認められた人。「拈華微笑」のエピソードが有名ですね。阿難より20歳年上。

註3 「袈裟を譲る」とは、法の後継者としての認可。

 山川宗玄師の解説:・・・名前を呼ばれて「ハイ」とすぐ答えられる人は何人いますか。名前を呼ばれれば皆さん「ハイ」と答える。でも本当に純粋な「ハイ」が言える人、そういう相手が何人いますか。香林和尚は師の雲門禅師から「隠寺(秘書)さん」と呼ばれて「ハイ」、「これ何ぞ」と聞かれるのを18年間続けた。18年目に初めて本当の「ハイ」が言えた(「無門関の教え」淡交社)

「Frankの悟り」ブログameblo.jp/satori2015/entry-12060118636.htmlより:・・・刹竿(せっかん)とは、説法中だと伝える旗です。迦葉は阿難が「はい」と答えたら即に門前の旗を下げてくれと言います。説法は終わったと言う事です。どうしでしょうか。これは、世尊の則の所で花を上げたお釈迦様から迦葉に以心伝心的に伝わった事のお返しとして、阿難に引き継げようとしています・・・ これは先の「無門関」六則、世尊拈花(世尊、花を拈ず)の思えば、分かりやすいと思います。

・・・釈尊の花が上がります。それは貴方に「この一瞬の一」を悟って欲しい大慈悲として上げられます。その時、迦葉はにっこり笑い以心伝心を受け継ぎます。この則では、先の「無門関」十六則の鐘声と同じく、声(音)で達成します。迦葉が「阿難!」と言った後と、阿難が「はい」と言う「は」の直前との「間」の「瞬間」です。また「はいと言った音調で迦葉には分かります。

筆者のコメント:お二人とも間違っています。これでは何が伝えられたのか、肝心なところがわかりません。つくづく「禅はわかったか、わからないか」の世界だと思います。もう少々疲れました。この公案の意味は、以前のブログでお話した「無門関 第十七則 国師三喚」をお読みください。

神罰はあるか-辻正信の場合

 以前のブログで、「神も仏もあるものか」と言った瀬戸内寂聴や、津波に大勢の人が巻き込まれて死ぬのを目の当たりにし岩手県の某寺の住職を「宗教者としての資格はない」と批判しました。これらの人は論外でしょう。

 今回は「神罰はあるか」について考えを述べます。もちろん筆者には神の御心などわかりませんが、これまでの経験からある程度の忖度をすることはできます。まず、基本的には一人一人の人間がどのように困難を切り抜けてゆくかを慈愛の眼をもって見守っていて下さっているのだと思います。それが人間がこの世に生まれてきた意味だと思うからです。たとえゴール寸前であろうと、倒れたマラソン選手に手を貸せば失格になることを皆さんもよくご存じの通りです。

  筆者は、神が人間に罰を与えられることはないと考えています。もちろん神の御心など伺い知ることはできません。上記のように、「神は人間の行いを見守るだけだ」と思っています。人間の人生が、神の御心に近づくための修行だととらえていますから、神が御手を貸すことなどありえないのです。ある優れた霊能者を通じて「ヒトラーには神罰があるか」と聞いたところ、「ない」との答えだったと、何かの本で読んだことがあります。理由は、ヒトラー一人の罪ではなく、当時多くのドイツ人が熱狂的に支持していたからと。

 太平洋戦争の日本の戦犯は、連合軍が代わって断罪しました。「最後の一機に乗って私も必ず突っ込む」と繰り返しながら「最後の一機」を断った陸軍の菅原道大や、「敵前逃亡」した海軍の富永恭司などの中将は「軍人の風上にも置けない卑劣漢だ」との評価はすでに定着していますね。一方、杉山元大将、大西滝次郎中将、宇垣纒中将、岡村基春大佐(桜花特攻隊司令)などはそれなりの責任を取っています。インパール作戦の首謀者牟田口廉也中将は、戦後それなりに反省していたようです(註1)。しかし、辻にはそれがまったくありませんでした。天をも恐れない人間だったのです。

 しかし、筆者にも「さすがに彼を神は許されなかった」と思う人間がいます。それは元日本陸軍参謀の辻政信 です。辻正信(1902-1968、最終階級は大佐)は、旧軍人のなかで、軍事作戦指導では「作戦の神様」「軍の神様」と讃えられたと言う人も多かったようです。しかし、上司の服部卓四郎と共に、ノモンハン事件、マレー作戦、ポートモレスビー作戦、ガタルカナル島の戦いなどの悲惨な敗戦の張本人です。

 筆者は長年、あの無謀な太平洋戦争がなぜ起こり、悲惨な結果になったのかを調べてきました。軍人官僚たちの重大な責任はもちろんですが、なにか日本人の体質-今でも変わることがない-が絡んでいるとしか思えないからです。そして筆者なりに得た結論の一つが、辻正信です。

 辻の責任は上記のノモンハン事件やガダルカナル作戦の失敗だけではありません。知る人ぞ知るシンガポール華僑大量粛清事件の主犯だったことです。すなわち、開戦直後シンガポールに進駐した辻らは、華僑の若手が母国中国へ支援を行っていることを突き止め、 粛清することにしたのです

 この敵性華僑処断案は、作戦主任参謀の辻と朝枝繁春中佐が起草し、山下奉文司令官が決裁したものとなっていますが、実際には辻が企画・主導したと多くの関係者が証言しています。「抗日分子」の選別は、事前に取り決めた名簿に照合する方法で厳密に行われていたわけではなく、辻が現場を訪れて「シンガポールの人口を半分にするつもりでやれ」と指示を飛ばし、外見や人相からそれらしい人物を適当に選び出し、多数の無関係のシンガポール華僑が殺害されたのです。死者の数は日本人の証言で4000-5000人、中国側は5万人と言っています。これだけでも辻はB級戦犯として処刑されるべきでしょう。

 その後の戦争裁判で、山下奉文大将は死刑、虐殺に反対して中止を進言した河村参郎司令官と、やはり虐殺に反対した大石隊長の2名が現場の指揮官としての虐殺の責任をとられて戦犯として処刑されました。辻は当然、重要な戦争犯罪人になるはずだったのですが、行方をくらましました。そして国内外を潜伏し、5年後戦犯追及の収束を見届けた後、姿を現しました。その間の経緯は「潜行三千里」としてベストセラーとなりました(註1)。その後、政治家に転身し衆議院議員(4期)、参議院議員(1期)を歴任しました。戦後、国会議員になっていた辻を取材した人に、当時文芸春秋の記者だった半藤一利さんがいます。辻に面会してみると眼光炯々、自分の主張を大声でとうとうと述べ、他人の意見などには絶対耳を傾けない辻を見て、半藤さんは「これこそ絶対悪だ」と思ったそうです。

 辻は結局ラオスで行方不明になりました。死因には諸説がありますが、その一つにCIAによる暗殺説があります。その後公開されたCIAの機密文書によると、CIAを始めとするアメリカの情報機関は戦後、辻や服部卓四郎らに接近しました。彼らを利用しようと考えたからです。しかし、辻を「政治においても情報工作においても性格と経験のなさから無価値である」「機会があるならばためらいもせずに第三次世界大戦を起こすような男」と酷評しています。問題は、現在でも「潜行三千里」は再刊され、生地の加賀市には銅像が建ち、生家が保存されるなど、辻の亡霊崇拝は今でも消えていないことなのです。

 以上が、辻こそ、「神が許さない人間ではないか」と筆者が考える根拠です。いえ、じつは筆者の本音は、あの傲慢な性格ゆえに、「人間に殺された」と思うのですが。

註1 牟田口は戦後悲惨なインパール作戦の責任を追及するジャーナリストたちを次々に訪ね、自分は間違っていなかったと主張しました。その様子は鬼気迫るものがあったとの証言があります。さらに、自分を正当化する大部の著作を国立国会図書館へ寄贈しています。後のジャーナリスト高木俊朗さん、半藤一利さんなどの詳細な検証がなかったら、牟田口の罪は忘れ去られていたかもしれないのです。

「無門関」第二十八則 久響龍潭 自分に気づく

本則(筆者訳)

 龍潭和尚のところに、ある時徳山(註1)が教えを乞いにやって来た。議論は白熱し、そのうち夜になった。龍潭は、「夜もだいぶ更けてきたからそろそろ山を下りた方がよいのではなかろうか」と言った。徳山は、簾を上げて外に出ようとした。ところが外が引き返して来て「もう外は真っ暗です」と言った。龍潭和尚は紙燭(明かり)を渡してやった。 徳山がそれを受け取った時、龍潭はプッと灯を吹き消した。 徳山は、この時、「ハッ」と悟り、深々と頭を下げた。 

筆者のコメント:山川宗玄師の「無門関提唱」(春秋社)には、徳山がどこをどう感じて悟ったのかという肝心なことが書いてありません。それでは私たちの参考にはなりませんね。筆者の考えでは、徳山は「ハッと」と自分に気づいたのでしょう。読者の皆さんは「自分に気づいているのはあたりまではないか」とおっしゃるも知れません。しかし、よく考えてみてください。私たちはふだん、自意識はあっても本当の自分には気づいていないものなのです。このことは禅ではとても大切なことです。

 徳山は龍潭のところへ来る前には金剛経の学者として自他共に許す学者だったのです。そのため、教えを乞うて来た裏に「龍潭なにするものぞ」という思いがあったのでしょう。そのため議論が白熱化したのです。それを十分に感じ取っていた龍潭師が「そんなものは単なる知識であって、禅の知恵として身につかない」と行動で示したのでしょう。徳山が後に自分が持ってきた法華経の研究書を全部燃やしてしまったことが何よりの証拠です。

筆者も長年禅を学び、「無門関」などの解釈を試みてきましたので、身につまされる話です。頭でわかることと、全身でわかることとはまったく別なのです。

本則は続きます。

龍潭は「お前さん一体どうしたんじゃ」と言った。

徳山は、「今日から私は龍潭師や世の老師達が言われることを疑いません」と言った(以下略)。

山川師の解釈:「直指人心見性成仏」を今後私は少しも疑いません。誰でも直ちに仏になる。一気に悟りの世界に行く。本当に自分の世界をグッとつかむ。仏の心こそ、本来の自分なのだと。

筆者のコメント:山川師のおっしゃることはよくわかります。しかし、そんなことは無門関28則にはどこにも書いてありません。

註1徳山宣鑑(780-865)唐代の禅師。徳山の三十棒として名高い。修行僧たちに問を与え、答えられないと棒で三十回も叩いたと言う。