心頭滅却すれば火もまた涼し(1)


 碧巌録(註1)・第四十三則 「洞山無寒暑」の本則

僧洞山(註2)に問う、「寒暑到来、如何が回避せん」。

山云く、「何ぞ無寒暑のところに、向って去らざる」。

僧云く、「如何なるかこれ無寒暑の処」。

山云く、「寒時は闍黎(じゃり)を寒殺し、熱時は闍黎(じゃり)を熱殺す」。

註1 圜悟著の公案集と解説。1125年成立。雪竇重顕(せっちょうじゅうけん)が百則の公案を選んだものに、著者が垂示(序論的批評)・著語(じゃくご、部分的短評)・評唱(全体的評釈)を加えたもの。臨済宗で最も重要な書とされる。

註2洞山良价(807‐869)曹洞宗の開祖。六祖慧能→青原行思→石頭希遷→薬山惟儼→雲巌曇晟→山良价→山本寂という錚々たる系譜です。

 伝統的に、以下のように解釈されています。すなわち、

僧「生死の一大事に直面した時、どのようにすればその問題を解決できるのでしょうか」

洞山「生死・煩悩を超えた世界に行ったら良いではないか」

僧「どのようにすれば生死を超えた世界に行くことができるのですか」

洞山「生きる時は徹底して生き、死ぬ時は尽天地に死に切るまでだ」

これが有名な快川和尚(註3)の心頭滅却すれば火も自づと涼しにつながると言います。

註3 快川和尚(1502‐1582山梨県恵林寺住職。織田信忠軍に敗れた武田方の家臣を匿い、引渡し要求を拒否した。そのため恵林寺は織田氏による焼討ちに会い、快川は一山の僧とともに山門楼上で焼死した。そのとき、有名な「安禅不必須山水 心頭滅却火自涼」(安禅必ずしも山水を須(もち)ひ(い)ず、心頭滅却すれば火も自づと涼し)の時世を残したと言われています(快川の作でなく快川と問答した僧・高山の語とも)。「安禅必ずしも山水を須(もち)ひず」とは、じっくり坐禅をするには、山中や、水辺の静かな環境でなくともよいという意味。