安楽死?嘱託殺人?(3)

 この問題についてすでに2回ブログでお話しました。その続きです。前々回お話した、

小島ミーナさん(スイスで安楽死をした)についてのNHKの報道に対して障害者団体から激しい非難を受けて、今回は大分トーンが変わりました。

NHKスペシャル「患者が命を終えたいと言った時」(2020/12/26)(註1)

 この番組では2人の患者について紹介されていました。一人は末期ガンのAさん52歳。Aさんには小学1年生の娘に、「病気と闘う姿を見せながら死ぬか」、あるいは「鎮静剤によって安らかに死ぬ姿を見せるか」.の選択肢がありました。鎮静剤は痛みをやわらげることはできますが、死に至る可能性も大きい薬です。つまり安楽死薬ですね。NHK取材班は継続してAさんに密着し、新城拓也医師とのやり取りを記録しました。Aさんは後者を希望し、新城医師に「明日の午後お願いします」というところまで来ました。驚くべきことに、新城医師には前回お話した「京都嘱託殺人事件」の林優里さんからも「死なせてほしい」とのメールが来ていたのです。「返事はしなかった」と。新城医師は、当日鎮静剤を用意してAさんを訪れましたが、もう一度「薬剤の投与を延ばしますか」「耐えられますね」と繰り返し、「私の言うことがわかりますね」と確認しました。結局、投与を止めましたが、固唾を飲んでAさんの反応を見ていた筆者には、Aさんが新城医師の提案を受け入れたとは決して思えませんでした。Aさんは翌日亡くなりました。新城医師は患者と共に涙する医師としての良心に溢れた誠実な人とお見受けしましたが、このやり取りには疑問が残りました。

 もう一人の患者はBさん。病気はALS(筋萎縮性側索硬化症)。だんだんすべての筋肉が弱って行き、最後には自分では呼吸もできなくなる。林優里さんと同じです。5年前に罹り、当時は呼吸補助装置を付けていましたが、人工呼吸器を着けるかどうかの段階に来ていました。長男の結婚式には呼吸補助装置を付け、車椅子で挨拶しました。医師は荻野美恵子さん(国際医療福祉大学市川病院)。荻野医師はBさんと同じような神経難病の患者を40人も担当してきた、経験豊かな人です。

 Bさんは一貫して「人工呼吸器を着ければ話すこともできない。病状が進めば自分で死ぬこともできない。家族にこれ以上負担を掛けたくない」の態度を取り続けていました。「自分で死ぬこともできないとか、話すこともできない」は重要な点で、後でも述べますが、人間としての尊厳にかかわることです。.Bさんの奥さんは「家族全員が泣いて頼めば人工呼吸器を付けるでしょう。しかしそれは本人の意思にに反することです・・・」と言っていました。

 筆者がとても気になったのは荻野医師の対応です。荻野医師は「人工呼吸器を着けるかつけないかは本人の選択であり、無理強いはしない」と言い続けてました。しかし、腹の中では「それを着けてでも生かしたい」と考えているように筆者には思えました。理由は以下の通りです。

 荻野医師は「本人は本当に自分の人生が終わってもいいと納得しているのかがわからない」と言い、「本当にそれでいいのですか」と繰り返し聞いたのです。Bさんが何度も「ノー」と言ってるにもかかわらず。しかし、Bさんが迷うのは当然でしょう。その上でベターな決断をしているはずですから。筆者には萩野さんはBさんを自分の考えの方へ誘導しているとしか思えませんでした。

 その後、突然Bさんの容態が悪化し、人工呼吸器を付けなければ死ぬ危険が生じました。萩野医師は「家族の負担が増すと言っていらっしゃいますが、病院やへルパーの支援など、別の選択もあるのではないですか」「苦しみを共有するのが家族ではないですか」と。萩野医師の決めぜりふは「奥さんは、『主人が着けると言ったらその医師に従います』と言っています」でした。「Bさんは泣き顔になって感極まった様子でした。『先生が家族に心から寄り添っていただいていることがわかりました。先生が背中を押して下さいました』・・・。

 じつは萩野さんには16年前の苦い経験がありました。80代の母親が40代の息子に「人工呼吸器を外してくれ」と泣いて頼まれたため、それを外し、自死幇助罪に問うれた「事件」です。そのとき母親から萩野医師ににも相談があったのです。萩野医師は「だめです」と。萩野「私にも3人のこどもがあります。でも親が子を手にかけることなど到底できない」・・・。

 筆者が萩野さんの人間性に疑問を感じるのはこういうところです。いいですか、その母親の置かれた状況は萩野さんとはまったく違うのです。萩野さんのように「わが子を手に掛けた」などと言ったらお母さんは生きていられないでしょう。

 Bさんは人工呼吸器を着けました。しかし、じつは問題は今からなのです。萩野医師にも家族にもそれがよくわかっていないのではないかと思います。ヨーロッパには人工呼吸器も、胃ろう(胃に穴を開け栄養を投与)も、経静脈栄養もありません。次回はそれについてお話します。

「空」とは「神」か?Yuriさんからの質問

 Yuriさんから次のような質問がありました。

・・・「空」は「神」でしょうか・・・

筆者:そのとおりです。「こういう読者が現れたか」と思っています。

 Yuriさんの言葉には少し飛躍がありますので付け加えさせていただきます。「空」は神理に通じる手段(モノゴトの観かた)です。なんども繰り返しますが「空」とは、モノゴトのもう一つの観かた、「モノゴトを見る(聞く、味わう、嗅ぐ、触る)という体験」です。体験は一瞬で、その対象的部分がモノゴトであり、主観的部分が「私」です。西田幾多郎やカントは「この体験こそ真の実在である」と考えました。つまり「空」のモノゴトの観かたで見たモノゴトこそが神理(神)なのです。

 しかし、禅のすばらしさは、「モノゴトがあって私が見る」モノゴトも実在の他の側面だと看破したことです。それを「色(しき)」と名付けました。そして「空」と「色」は「同じではないが別でもない(不一不異)」としました。禅ではこれら全体が「神」の世界なのです・・・

 筆者がよく使う比喩でお話します。

・・・人生とは人間は途方もなく大きな円の上を歩いている、とお考え下さい。その円の中心に神がいらっしゃり、歩いている人間に向かって光のビームを照射している。歩みの一瞬、一瞬に生かされているのです。その一瞬、一瞬に体験した世界が「空」なのです。

・・・・・・

Yuriさんの独り言:

・・・ヨガのマントラである神の名前、「オーム」を唱えた後の、静かで穏やかで平和な時間と空間に出現する存在

誰もが感じたことのある感覚
時の流れ
懐かしいと同時に遠い未来であり、今現在

小さい頃、常に過ごす世界
段々と失う世界
取り戻そうと苦しみもがき

古来から世界中の様々な人が道しるべを示している心の状態

深い瞑想や日々の心がけにより意識的に到達できる境地・・・

筆者:Yuriさんは詩人ですね。ちなみに「オーム」と言うのは、神につながる「音」です。仏教では真言と。日本神道では「オー」と唱えます。オーム真理教の「オーム」もそこから来ています。こういうセンスが「空」とは「神」と気付いたのでしょう。Yuriさんのお考えをもっと話してください。取り上げさせていただきます。

飯田史彦さんについての読者の質問

 読者のSさんから

「・・・飯田史彦さんを検索していてこちらにたどりついた者です。
私が時々見ているYouTubeの「和yogiチャンネル」では
飯田史彦さんの本の内容などから引用したお話をたくさん載せてます。
私は一つ一つに感動しながら見ているんですが
こちらのホームページで飯田さんについて書かれていることを読んで
よくわからなくなってしまいました。
もしお時間がありましたら和yogiチャンネルをご覧になって
和さんにもアドバイスしていただけたら幸いです。
こちらを見てからいろんな方向からのお話や意見を知りたいと思いました・・・

とのお便りがありました。

 結論からお話します。ご心配いりません。私は飯田史彦さんの考え方に疑問を呈したのです。前世があることまで否定したわけではありません。筆者自身、霊の存在をいやというほど実体験しています(ブログをお読みください)。

 すでにブログでお話したように(2017年4月)、飯田史彦さん(1962‐)は元福島大学経済学部経営学科教授。「生きがいの創造」「同II」「生きがいの本質」(PHP文庫)など著書多数。さらに活発な講演活動もしている人です。とくに、飯田さんの「生きがい・・・」シリーズは全部で200万部以上の大ベストセラーになったということです(「生きがいの創造」での著者紹介から)。それだけこのシリーズで紹介した「人は死んでも魂は不滅」とか、「いつかまた死者に会える」、「生まれ変わってまた家族になれる」などの言葉が、多くの人に死の不安や家族を失った悲しみを癒してくれると受け取られたからでしょう。しかし、筆者はこの飯田さんの発言に強い疑問を持っています。

 「これは怪しい」とすぐに気付いたのは、これらの著書シリーズの随所に「批判に対する予防線」や「自己弁護」が目立つことです。飯田さんのような大学の研究者が、スピリチュアリズムについて話すのには、学内外からの大きな抵抗があったからでしょう。「いったいそんな不確かなことを大学教師が言っていいのか」とか、「それらの発言はあなたの研究とどういう関係があるのか」とか、「沢山の著書を出しているが、大学での研究や講義に差し支えないのか」などの批判だと思います。筆者も研究者でしたからから、それらの批判があることはよくわかります。飯田さんは元経営コンサルタントでもあり、とても話が上手です。それが彼の著書がベストセラーになった大きな原因と筆者は考えています。

 筆者がこれらブログシリーズを書いてから、ある牧師さんから次のようなメッセージをいただきました。・・・信者の中に「飯田さんの『生きがいの創造』シリーズを読んでとても感動した」とおっしゃる方がいます。私(牧師さん)はその考えに疑問を感じていましたが、中野禅塾のブログを読んで納得できました。飯田さんの著書を多数、精密に読んでいただき感謝しています・・・とありました。その後、ご当人からもメールがあり、「うちの牧師さんからのメッセージではありませんか」と言われて、ちょっと困りました・・・。

 「人間には生まれ変わりがあるのではないか」について、もっとも詳細に研究したのは、元アメリカバージニア大学教授イアン・スチーブンスン博士です。博士の研究姿勢は科学的で、筆者も十分納得できます。しかし、博士は、退行催眠による前世の探求には重大な欠陥があることを指摘しています(「前世を語る子供たち」笠原敏夫訳 日本教文社)。すなわち、

・・・薬物を使うにせよ(幻覚剤LSD:筆者)瞑想(による方法もある:筆者)や、催眠(による方法もある:筆者)を利用するにせよ、前世の記憶を意図的に探り出そうとすることにはあえて反対の立場をを取りたいと思う・・・心得違いの催眠ブームを、あるいは前世と思しき時代まで遡る大半の催眠実験の、それに乗じて不届きにも金儲けの対象にしている者があるという現状を・・・何とか終息させたいと考えている(同書p7、下線筆者)・・・と明言しています(註1)。ちなみに飯田さんが紹介する生まれ変わりの事例はほとんどすべてイアン・スチーブンソンの著書の孫引きです。

 飯田史彦さんに対する疑問については、ブログをお読みください(2017年4月)。その後飯田さん退職しました。その理由はわかりません。現在は京都で「飯田史彦スピリチュアル・ケア研究所『光の学校』校長」をしており、「音楽療法」なるパフォーマンスをして、自らもギター演奏をしています。

 ちなみに筆者はSさんのお申し出に従って、「和yogiチャンネル」も視聴しました。和(かず)さんは正統なヨギで、おっしゃることは、いわゆるスピリチュアリズム(心霊学、神智学)です。その多くは筆者も共感できますが、とくに目新しいところはありませんでした。ただ、飯田史彦さんの著書内容を多数引用しているのは頂けません。ある人が日本の前世療法医のところで診てもらったところ、「20万円も取られ、私の前世の調査もかなりいい加減だった」と言っています。まさしく 金儲けの対象にしてい たのですね。結局その医院は「前世療法」を止めました。

 Sさんご自身がおっしゃるように、スピリチュアリズムだけでなく、禅など仏教全般についても勉強してください。

註1イアン・スチーブンスンは決して前世があることを全否定しているわけではありません。当然ですが。・・・結果については懐疑的ではあるが、全てを無意味だとして切り捨てているわけではない(p78)・・・ と言っています。