立花隆さん「死後の世界」(1)

 知の巨人と言われた立花隆さんが亡くなりました。東大哲学科の学生のころ「ギリシャ語でプラトンを読み、ラテン語でトマス・アクィナスを読み、ドイツ語でヴィトゲンシュタインを読み、フランス語でサルトルを読み、アラビア語でコーランを読み、ペルシャ語でルーミー(詩人)を読み、漢文で荘子集註を読みという日々だった」そうですから、相当な人ですね。

 立花さんは「脳死」「臨死体験」「がん 生と死の謎に挑む」など、「死とは何か」をさまざまな角度から問い続けてきました。筆者も禅を中心に「人間は、どうしたら死を受け入れられるか」を学んでいますから、立花さんの興味と重なる部分も多かったのです。「臨死体験 死ぬとき心はどうなるのか」(NHKスペシャル2014)は、何度も視聴しました。ただ、後ほどお話するように、立花さんの考えには受け入れ難い部分もあるのです。そこでこのシリーズでは立花さんの考えに関する筆者の感想を述べます。ちなみに、若者はなぜ死を恐れるのか?その多くは「このまま眠りから覚めなかったらどうしよう」のようです。他愛のない心配ですね。そのままでも1時間と持たずに寝入ってしまうでしょう。

 立花さんは上記のテレビ番組のための取材を通じて「死がそれほどこわくなくなった」理由として、「死ぬというのは、夢の世界に入っていくのに近い体験だから、いい夢を見ようという気持ちで自然に人間は死んでいくことができるんじゃないか」と言っています。立花さんがそう考えるに至った根拠についてもお話します。

 立花さんは改めてお話する必要もないほど真摯な探求者ですから、納得できない人たちに対する批判は激烈です、たとえば、

「最近日本で評判を集めている東大医学部付属病院救急部の矢作直樹氏のような例です。最近彼は週刊誌で、TVの怪しげな番組に出まくって霊の世界がどうしたこうしたと語りまくる江原啓之なる現代の霊媒師のごとき男と対談して『死後の世界は絶対にある』と意気投合していましたが、これが現代の東大教授かと口あんぐりでした。ああいう非理性的な怪しげな世界にのめりこめないと『死ぬのが怖くない』世界に入れないのかというと、決してそうではありません・・・」(以上「死はこわくない」文芸春秋)。

 筆者も矢作さんや江原さんのお名前は知っています。ただ、著作やテレビ番組を視聴したことはほとんどありません。やはり「?」と感じるところが多いからです。それにしても、「立花さんそこまで言うか?」です。霊的世界を考えることが、非理性的で怪しげかどうか。それについても後ほどお話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です