而今(2-1)

 而今(にこん、じこん)は禅の重要な概念と言われています。「いま」の意味ですね。一般的には「過去を悔やまず。未来を憂うことなく、今、この瞬間を大切に生きなければならない」と解釈されています。道元禅師(註1)や筆者の解釈は異なるのですが、「この瞬間を大切に生きなければならない」も大切な言葉ですから今回はそれに沿ってお話します。

 筆者が家族ぐるみで付き合っている友人が突然ガンと診断され、「治療をしなければあと半年の命だ」と言われました。本人に告知すればどれほどショックを受けるでしょう。彼の縁者には抗ガン剤による副作用で苦しみぬいて亡くなった人もいるのです。費用のことも気がかりです。いくら親しくても筆者が判断することはできません。あくまで本人と家族が決めることです。期限は迫っていました。

 数日後、彼の長男から「抗ガン剤治療をうけることに決めた」との連絡を受けました。スマホで孫のメッセージ画像を見せて必死に説得したとか。筆者も他に選択肢はないと思っていましたので、心からホッとしました。その息子が言ったことが尊いのです。「抗ガン剤の副作用があるかもしれない。抗ガン剤が効かず、半年後に死ぬことになるかもしれない。でもお父さんの今日が良ければいいように、そういう一日、一日が続くように、家族ができることに最善を尽くします。突然こんなことになってしまった。でも逆に、どんなよい方向に事態が展開するかもしれないからこの方法を選びました」と言ったのです。

 彼の長男は禅のことなど知りません。筆者のブログも読んではいないでしょう。しかし、ギリギリの状況で選んだ判断が、はからずも禅の要諦だったのです。

 友人は仏様のような人です。人を傷つける言葉も、大きな声を出したのを聞いたこともありません。そんな人でも報われることが少ない人生だったと思います。人生の帳尻は合ってしかるべきでしょう。奇跡が起こることを信じています。

註1 筆者の解釈については、当ブログシリーズをお読みください。 道元は「正法眼蔵・大悟巻」で・・・いはくの今時は、人人の而今なり。令(たとい)我念過去未来現在、いく千萬なりとも今時なり。而今なり。人の分上はかならず今時なり(たとえ、どれほど過去や未来のことを思おうと、それは現在の私が考えているものだ。人間の本性は必ず今だ:筆者訳)・・・と言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です