夢想国師「夢中問答」(1-5)

1)「夢中問答」は夢窓国師(疎石1275~1351)と足利直義(1306~1352)の問答集で、1342年に出版。夢想国師は、道元より少し後の人で、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔う(註1)ため創建した天竜寺の住職。室町時代を代表する禅師でした。しかし、残された言行記録は少なく、筆者には国師の禅境がよくわかりませんでした。

 この「夢中問答」からは、直義が禅仏教を深く学び、座禅修行をしていたことがわかります。夢窓国師は臨済宗の僧侶で、後醍醐天皇、足利尊氏・直義兄弟など、当時の錚々たる人たちから深く帰依されていました。さらに出版者は大高重成(註1)です。

 筆者はこれまで足利直義には良い印象は持っていませんでした。なぜなら、足利尊氏の実弟として室町幕府開府の立役者でありながら、重臣高師直一族を滅ぼし、さらに兄尊氏と対立し、不利になると、こともあろうに南朝と和睦して対抗しました(註2)。さらに南朝と再び不和になると、後醍醐天皇の皇子護良親王を殺すなど、一見、およそ節操のない一生を送った人だからです。これら一連の騒動は感応の擾乱と呼ばれ、あまりのやりきれなさに、あの司馬遼太郎でさえ途中で筆を折ったと言われれています。

註1 尊氏は後醍醐天皇を滅ぼした、いわば張本人であり、天竜寺の創建は、あまりにも見え透いたパフォーマンスであることがわかります。さらに大高重成は直義に滅ぼされた有力武将高師直の一族ですから、いわば敵のために出版したのです。これだけでも当時の情勢の泥沼振りがわかりますね。

註2兄の尊氏でさえ、後に南朝と手を打ちました。南北朝が統一されるのはようやく3代義満になってからで、「明徳の和約」と言われています(1392)。それも北朝系と南朝系から交互に天皇を出すという約束を反故にした汚いやり方でしたが。

 しかし、筆者は、今では尊氏や直義の生き方が理解できます。そうせざるを得なかった「時代」だったのでしょう。南北朝に続く室町時代も、6代将軍義教が暗殺され、一大名に過ぎない山名氏が11か国を支配するなど異常な時代でした。それに続く応仁の乱も11年続いた泥沼闘争でした。将軍義教を殺したの播磨の赤松満祐で、その後幕府によって滅ぼされました。そして後南朝最後の尊秀王(18歳)、忠義王(17歳)を暗殺して神璽を奪ったのは、吉野に潜り込んだ赤松の遺臣でした(長禄の変1457)。それによって当初の約束通り赤松氏は復活したのです。徳川家康は、これら前代の政治状況を大いに参考にして、大名や天皇・貴族を支配する苛烈な体制を敷いたのです。それが260年以上続いた江戸幕府の成功の要因なのですね。

 尊氏も直義も、あのようなやりきれない状況だったからこそ、夢窓国師に教えを乞うたのでしょう。それほど彼らの人生にとって禅を学ぶことは切実な問題だったのです。筆者は今では彼らの人間らしさがよくわかり、親しみを憶えます。

 そこで筆者は改めて「夢中問答」を深く学び、読者の皆さんにそのエッセンスをお伝え出来たらと思います。

夢窓国師「夢中問答」(2)

 「夢中問答」が始まったのは直義37歳、夢想国師68歳でした。それから4年間続き1342年に終わりました。問答は1‐93まであります。そのうち筆者の目に留まったいくつかについてご紹介します。文章が長いため一部簡約し、わかりやすくするために言い回しを変えました。数字は問答の番号です。

 32)公案の意義

 直義:福徳とか、智慧を求めることを(禅では)ことごとく嫌っているのに、禅宗を学ぶ学者が公案を「さとし」として悟りを求めるのは、差し支えないか。

 国師:古人が「心を持って悟りを求めてはならない」と言っている。もしも悟りを求める心があれば、公案を「さとし」とする人とは言えない・・・公案を与えるというのも、決して宗師(師家)の本意ではないのだ。たとえ情けを掛けて、一くだりの公案を与えたとしても、それは仏の名号を唱えて、往生極楽を求め、陀羅尼(呪文)を誦し、経を読んで功徳を求めるのと同じではない。つまり、宗師が弟子たちに公案を与えることは、極楽浄土に往生するためでもなく、成仏得道を求めるためでもない。すべて情識(囚われた考え)の届かないところである。それゆえに公案と名付けたのだ。

 53)覿面(てきめん)提持の疑・不疑

 直義:公案を看(み)る(考察する)のについて、疑ってみよというのと疑ってはならぬというのと両論ある。どちらを本(もと)としたらよいでしょうか。

 国師:宗師のやり方には決まった道筋はない。そのつど石を撃った火花のごとくであり、雷電のひらめく光のようである。ある時は疑ってみよと示し、ある時は疑うなと言う。皆これは、学ぶ者に向かい合った時に直接に教えを垂れる詞(ことば)である。善知識(優れた師匠)の胸の中に、かねて蓄えて置いた説法ではない。それ故にこれを覿面(てきめん)提持(目の前で出して見せる)と名付けている。もしこれが悟った宗師ならば、疑えと言って示し、疑うなと言っても何ら差し支えない。

 55)古則着語の公案

 直義:大慧普覚禅師など多くの優れた師匠が、唐の趙州の「無」字の公案を与えられたのは、皆もとの古則のままに挙げて、これを見よと言って示されている。しかるに、近来、唐土の優れた宗師なる中峰和尚が、本(もと)の古則の上に語(ことば)を付け加えて、「趙州はどうしてこの無の字を言ったのか」と公案を示された。その意味はどうでしょうか。

 国師:昔の修行者は、仏道のために発心することが一通りではなかった。そのため身の苦しみを忘れ、路の遠いのをものともせず、諸方へ赴いて、善智識(優れた師匠)の下へ参じた・・・優れた禅師はこれを気の毒に思って、一言半句の公案を示した。みなそれは本分(教えの本質)を直(じか)に指示したものだ。その意(こころ)は、言句の表面にあるのではない。それ故に、利発な修行者は、言外にその本旨を悟った。どうして、さらに他の言句の上で、とかくの論に及ぶ必要があろうか。たとい愚鈍であって、暫時、言句のもとに足踏みしている人でも、自分勝手な考えで推し量ることはしない・・・こうして、あるいは一両日を経て、あるいは一両月、さらには十年・二十年たった後に解けた人もあった。しかし、一生の内についに解けないと言う人はなかった。

 こういうわけで、昔は善智識の方から、自分の語(ことば)を公案にして、めざめよと

すすめたこともない。疑ってはならぬともまた言わない。

 一方、近来の修行者は、求道心がますます薄くなったために、寝る間も食べる間も思案を続けるということがなくなった。さらに師匠も形式的に公案指導と名付けて、明かし暮らしているだけだ・・・そのため中峰和尚は、親切心から「趙州はどうしてこの無の字を言ったのか」とわざわざ注意を喚起したのだ。

 筆者のコメント:現今の臨済宗では(曹洞宗でも)公案の提示は、必要不可欠とされています。しかも筆者がその様子を拝見したところ、両宗派ともほとんど形式的なものになっていました。この夢想国師の言葉は、宗師たちには耳の痛い言葉でしょう。

夢窓国師「夢中問答」(3)

 座禅の意義

21)座禅と狂乱

 直義:座禅をする人の中に狂乱することがあるのを見て、座禅を尻込みする人がある。このように狂乱することは、座禅の咎でしょうか。

 国師:座禅をする人の中に狂乱する者があるのは、少しばかり「わかった」からと、高慢の心が生ずるためである。魔の精がその心にくっついて狂乱する場合もある。あるいは前世の悪業によって、怪しのものに悩まされて狂乱するものもある。あるいは執着心にとらわれ、早急に悟りを開きたいと思って身体をひどく使ったがために、血管が乱れて狂乱するものもある。座禅のせいではない。狂乱は一時的なことである。狂乱を怖れて座禅をしない者は、永久に地獄へ落ちて、抜け出る機会はめったにない。それが本当の物狂いというものだ。

筆者のコメント:たしかに座禅中に錯乱状態になる人がいます。その理由は夢窓国師の言うところとは違うと思います。筆者が「座禅は神仏の前で」と言うのはそのためです。それについては、また改めてお話します。

34)学解と修行

 直義:学んで解るということを禁じて、ただ修行をせよと勧めるのは間違いだと言う人があります。それについてどうお考えでしょうか。

 国師:たとえて言えば、重病にかかった人が、病気の仕組みを学んでから治そうとしたら、間に合わずに死んでしまうだろう。これにたいし、既に病気のことを十分に学んだ医者の治療に従えば、確実に良くなる。同じように種々の教えを学んでから、学んだ理法に従って修行しようと思えば、習学がまだ済まないうちに、寿命が尽きてしまう。それより、すでに理法を十分に学んだ師匠の教えに従って修行すれば、たとえ自分の学びが不十分で、理屈がよくわからないまま修行を行っても、いつか時節が到来して迷妄も一時に消滅するであろう。

 48)座禅の本意

 直義:古人が、漫然と座っているだけでは座禅はむだだと言っています。これについてどう思いますか。

 国師: 古人がこのように言っているのは、生死の悟りのために一所懸命やっている人が、善智識の許(もと)にも参ぜず、たんに座禅と称して、ぼんやりと座っている心掛けを正すためである・・・経を読み、陀羅尼(だらに)を誦し、念仏を唱えることはやさしい・・・禅宗の座禅と言うものは、念を落ち着かせ、身体を動かすまいとするものではない・・・しかし、座禅の本当の意味を知るのはむつかしい。座禅を難しい行だと言っているのは、いまだ座禅の極意を知らないからだ。

筆者のコメント:禅だけでなく仏教では教行一如と言って、教えを学ぶことと修行をすることは不即不離の大切なことだと言っています。無窓国師が「禅宗の座禅と言うものは、念を落ち着かせ、身体を動かすまいとするものではない」と言っているのは正しいと思います。座禅のやり方については師匠によって言うことがさまざまです。やはり、一つ一つ自分で試して納得が行く方法を見付けることが肝要でしょう。

夢窓国師「夢中問答」(4)

次は、46)是非の念と大悟の一節です。

 国師:・・・昔、唐の南岳懐譲が六祖慧能の許(もと)に参じた。六祖が「何物がこのようにやって来たのか」と問うた。南岳は答えることができないで退かれた。その後八年経って、初めて大悟した。ふたたび六祖の許に参じて、前の問いに答えて「本分について一言でもすれば、すなわち当たらない」と言った。これで初めて六祖の印可を得た・・・「何物がこのようにやって来たのか」と問われて、答えられなくて帰ったのは、利口だったからだ。もしそうでなかったならば、たとい千年たっても大悟することはできない。

 今時、鈍根の者が来て、仏法を問う時に、「このように仏法を問う者は何者だ」と言えば、あるいはぼんやりとして、日ごろの妄想を本(もと)にして「わたくし」と名乗る者がある。あるいは「問う者はだれかと疑ってみるべきか」と言うものもあり、あるいは「自心はこれ仏だ」と言っている言葉に随(したがっ)て解こうとして、眉を吊り上げ、目を瞬き、手を上げ、拳を差し上げる者もある。あるいは識心(こころ)には実体がなくして、諸種の形相を離れているところを求めて、南岳和尚の「説似一物即不中」と答えられた語(ことば)に取り合わせて、上によじ登って、仰ぐことができず、下に身みずからを断ち切ると答えるものもある。あるいは、わずかに問いがあり答えがありとすれば、それは皆、外辺(そとまわり)の事だと心得て、一喝をやる者もある。あるいは、このようにいろいろの比較調和にかかわらないところを宗旨だと思って、袖を払って、そのまま立ち去る者もある。もしこんな風ならば、たとえ末世になって弥勒菩薩がこの世に現れ変わって救いに来る世になっても、大悟することはできない。

筆者のコメント:とても重要な公案だと思いますが、読者のみなさんの答えはどうでしょうか。我と思わん方はお知らせ下さい。いくつか掲載させていただきますから皆さんで検討しましょう。

「夢中問答」(5)

 最後に

 93)無窓国師が足利直義に示した公案をご紹介します。そういう意味でも重要な教えでしょう。

 直義:国師が私に示していただく真の教えとは何でしょう。

 国師:新羅夜半に日頭明らかななり(新羅の国の夜半に、日の出が明らかである)。

筆者のコメント:「日本と新羅との距離や、夜半に日の出とい時間を超越した境地だ」と言っているのですが、いかがでしょうか。読者の皆さんのお考えをお寄せください。

以上参考文献

中村文峰「現代語訳 夢中問答」春秋社

川瀬一馬「夢窓国師 夢中問答」講談社学術文庫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です