良寛さん法華転・法華讃(1)

 このシリーズで以前、「道元や良寛さん、宮沢賢治の法華経に対する思い入れは相当のものがある」とお話しました。道元は「法華経は諸経の大王である」と言い、あの「正法眼蔵」には法華経からの引用が随所に見られます。また良寛さんは「法華転」「法華讃」と名付けた漢詩を、それぞれ68編と122編作っています(これだけでも良寛さんの学識が並々ならぬことがわかります)。さらに宮沢賢治は遺言として「私が死んだら法華経を印刷し、経筒に入れて故郷花巻を取り巻く山々に埋めて下さい」と言っているほどです。

 わが国の法華系のさまざまな宗教団体が「法華経こそ釈尊がお説きになった最高の経典である」としています。しかし、法華経が、いわゆる大乗経典の一種であり、釈迦の直説でないことは、学問的にはすでに確定しています(註1)。とは言え、筆者はけっして大乗経典を軽んじているわけではありません。釈迦以降にもインドにはすぐれた思想家が数多く輩出して、法華経という思想体系を作り上げたのでしょう。
 そこで、今回から、このシリーズの締めくくりとして、良寛さんの「法華転・法華讃」に基づいて、法華経についてお話します(註2)。
 まず、法華とは宇宙の真理を指します。そして法華転とは、森羅万象のすべては仏がお造りになったものであり、仏の働きそのものだ、という意味です。法華経では諸法実相と言い、繰り返し説いています。法華経ではさらに多くのたとえ話を巧みに使って、人間には仏としての本性があると言っています。法華七喩(しちゆ)と言います。それについては次回お話します。

 1)諸法実相について
良寛さんは諸法実相について、法華転・第六十三の偈で、

風定(さだ)まって花尚(な)お落ち 
鳥啼(な)いて 山更(さら)に幽(しずか)なり
観音の妙智力(かんのんみょうちりき)千古空(むな)しく悠々
と読んでいます。「これらの自然の風物こそ仏のはからいそのものだ」と言うのです。さらに、唐の詩人で禅者である蘇東坡が悟りに至った時の感激を読んだ有名な詩、
渓声便(すなわち)広長舌、山色豈(あに)清浄身(しょうじょうしん)に非(あら)ずや(谷川の音は仏法を説く声であり、山の姿は仏の清浄身の現われである) 
も引用しています(法華讃・偈第十四)。

註1 ここでは、あの中村元博士が「法華経の成立はどんなに遡っても紀元40年を越えることはない」と言っていることだけを追加しておきます(宮本正尊 編『大乗仏教の成立史的研究』(昭和29年) 附録第一「大乗経典の成立年代」)。釈迦滅後4~500年後のことです。
註2 現代語訳は中村宗一「良寛の法華転・法華讃の偈」(誠心書房)を参考にしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です