利休 茶の湯と禅(1)

利休 茶の湯と禅(1)

 茶の湯が禅と深い関わりがあることはよく知られています。「利休百首」に、
茶の湯とはただ湯をわかし茶をたててのむばかりなる事と知るべし
という有名な句があります。その解釈を試しにネットで調べてみますと、

1)一般にこれは、「茶の湯は、湯を沸かし、茶をたて、ただ飲めばいいのです。決して敷居の高い世界ではありませんよ」と解釈され、利休が推進したとされる茶の湯の庶民性を窺わせるものである。もう一歩踏み込んで考察すると、「(確かに)茶の湯は湯を沸かし、茶をたて、飲むということですが、(客の様子やその時や場に応じて)適宜湯を加減したり、分量を調節したりする心遣い[気働き]が肝要なのです」と考えられる。つまり、この点をふまえると、「茶の湯は湯を沸かし、お茶をたて、飲むという、当たり前のようなことであっても、それを当たり前のこととして行うということは決して容易いことではありませんよ。だから、しっかりと精進しなさいよ」ともとれる・・・。
2)(ある茶道教室HP)この言葉を読むと、「ただ湯を沸かして茶を点てて飲むだけ」
ならば、お作法もお稽古もいらないのでは?そう思われるかもしれませんね。この「ただ」は奥が深い!ただなんとなく、気軽に、のどを潤すために美味しいお茶を飲むだけだったらこんなに茶道が長く続くことはなかったことでしょう。私も茶道を長年続けてこなかったと思います。
3)(別の茶道教室HP)茶の湯は難しく考えずにただお湯を沸かし、お客様に差し上げ、自らもいただく、というシンプルな行為であることを言っています。そこに込められている含蓄はみなさんにも伝わるかと思います。シンプルな行為ほど実は厳しく難しいもの。利害関係や欲といったものが何をするにもついてまわるからです・・・。
4)確かに、この歌の通りなのだろう。お湯を沸かして、お茶を点てて、いただくのみと。この当たり前のことがどれだけ行うのが難しいかということは、この道に入った人は誰でも感じることだろう。その湯はどのくらいの温度であればお茶がおいしく点てられるのか、どのくらいの茶筅さばきであれば美味しいお茶が点てられるのか、どのように飲めばおいしくいただけるのか、すべては実践、実践を通じて体得するものであろう。また、たまたまいい湯が沸かせても、いいお茶が点てられても、それは再現性はほとんどないものなのではないか。つまり、お湯もお茶も一期一会。げに深きは茶の湯かな・・・。
5)・・・一椀のお茶を差し上げるために お茶の点前があります。一見堅苦しいと思える点前ですが、その姿は実に無駄のない動き、美しい形となって完成されています。しかし、ただの手順や形というだけではありません。 呼吸を整え、タイミングを計らい、心から茶碗や道具を清め、お茶を点てる心が 型と合致して、亭主と客人との間に心と心の交流ができあがる、これを目的としているのです・・・。

などとあります。しかし筆者はすべてまちがいと思います。じつは利休の心境はさらに一段上だったと思うのです。いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です