龍樹の「空」と禅の「空」は異なる(2)

龍樹の空と禅の空とは異なる

 (1)ブッダの思想
 以前から筆者は、「ブッダの教えは、思想と言うより、もっと日常的な知恵に違いない。ブッダご自身の教えがどんなものだったかもよくわからない」と。わずかに窺い知れるのが、初期仏典(パーリ語仏典)の、しかも、スッタニパータなど、その一部に過ぎないと思います。いつもお話しているように、その後のいわゆる大乗経典類(般若経、華厳経、法華経、涅槃経など)は、すべてブッダの考えを大幅に拡大してきた、ほとんど別の思想なのです。
 いつもお話していますように、中村元博士(1912‐1999)はインド古代のサンスクリット語やパーリ語を初め、チベット語、ドイツ語にも精通し、仏教はもちろん西洋哲学に関する驚くべき学識を蓄えた、碩学という敬称がピッタリの学者でした。とくに今からお話する「スッタニパータ」などの初期仏典を初めて邦訳したわが国の仏教学史上からも特質すべき人です。筆者など、東京大学印度哲学梵文学(サンスクリット、パーリ語)科が、印度哲学・印度文学専修課程と改称された(s38)理由の一つが、中村博士による精力的な研究によって、後任の学者たちのやることがなくなったからではないかと、いさささか穿った見方をしています。
 以下、「スッタニパータ(註1)」の内容について、ブッダの教えそのものがどんなものだったかを、中村元博士訳の「ブッダのことば」(岩波文庫)を基にお話します。

1)第一 蛇の章 七 賤しい人
〇足ることを知り、わずかの食物で暮らし、雑務少なく、生活もまた簡素であり、仕事に秩序。諸々の感官が静まり、聡明で、高ぶることなく、諸々の(ひとの)家で貪ることがない。
2)第一 小なる章 四 こよなき幸せ
〇諸々の愚者に親しまないで、諸々の賢者に親しみ、尊敬すべき人々を尊敬すること―これがこよなき幸せである。
〇父母につかえること、妻子を愛し護ること、仕事に秩序あり混乱せぬこと―これがこよなき幸せである。
2)第三 おおいなる章 第八節「矢」
 子供を亡くしてなげき悲しみ、7日間も食事をしない人を気遣って釈迦は、
〇この世における人々の命は、定まった相(すがた)なく、どれだけ生きるか解らない。惨(いた)ましく、短くて、苦悩をともなっている。
〇生まれたものどもは、死を遁れる道がない。老いに達しては、死ぬ。実に生あるものどもの定めは、このとおりである。
〇熟した果実は早く落ちる。それと同じく、生まれた人々は、死なねばならぬ。彼らにはつねに死の怖れがある。
〇たとえば陶工のつくった土の器が終にはすべて破壊されてしまうように、人々の命もまたそのとおりである。
〇このように世間の人々は死と老いとによって害(そこな)われる。それゆえに賢者は、世のなりゆきを知って、悲しまない。
〇迷妄にとらわれ自己を害なっている人が、もし泣き悲しんで何らかの利を得ることをことがあるならば、賢者もそうするがよかろう。
〇人が悲しむのをやめないならば、ますます苦悩を受けることになる・・・。

筆者のコメント:いかがでしょうか、素朴な教えですが、じっくり味わいたい言葉ですね。

註1インド古語パーリ語で「経典」の意味。ブッダは古マガダ語で話していたと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です